スタッフインタビュー

自分自身も未経験からスタート。しっかりしたバックアップで、安心して働けています。

Iさん
ケアマネージャー
勤続15年
アドバイスを受けて異業種から転職。周りの方々に支えられて、成長してきました。

私は営業や販売職、製造職など転職を繰り返して、いろいろな仕事を経験してきました。15年ほど前に、そろそろ腰を据えて働こうと考えはじめたのですが、どんな仕事がいいのか分からず、医療関係で働く妹に相談。「これからもっと高齢化が進んで、福祉の仕事は需要が増えると思うよ」とアドバイスされました。当時は製造の仕事を行っており、機械と向き合うだけの日々。人と密に接して人生に関わり、役に立てる介護に魅力を感じて、この世界へ飛び込むことを決意しました。『りんごの木』に入職したときはもちろん、介護の仕事は未経験。デイサービスのスタッフとしてスタートした当初は、知識も経験もまったくありませんでしたが、ここまで成長することができたのは、周りの方が支えてくれたからだと思います。また、仲間のサポートと会社のバックアップのおかげで資格を取得することもできました。現在はケアマネージャーとして、デイサービスのときとは違った角度から介護についてもっとたくさんのことを学び、身につけられるように心がけながら、日々の業務に取り組んでいます。

新しい視線から介護を学び、「より良い介護」を届けることを目指しています。

Tさん
サービス提供責任者
勤続10年
自分の祖母に優しく対応してくれた職員の方に感銘を受け、介護の世界へチャレンジを決意。

現在、私はサービス提供責任者として働いていますが、もともとヘルパーとして入社しました。未経験からのスタートです。祖母の足腰が悪くなり、施設にお世話になっていたときに、職員の方々の笑顔や対応に感動したことが、この世界へ飛び込んだキッカケでした。私自身、人と関わりたくてこの仕事をはじめたので、現場で利用者様と直接触れ合うことも楽しいのですが、サービス提供責任者として、書面などを通して利用者様と関わる介護にもおもしろさを感じています。経済状況を含めて家族との関わりをしっかりと知り、一人ひとりに合ったサービスを届けられるように心がけています。また、介護の仕事は「すべてをヘルパーが行う」のではなく、「自立支援」が目的。私たちがすべての作業を完璧にしてしまうと、自立の芽を潰してしまうことになりますので、あくまで「自立のお手伝い」と意識しながら仕事に取り組んでいます。

とりあえず飛び込むべし!入ってみたら絶対におもしろいです。

Sさん
デイサービスりんごの木 南店
2017年入社
介護をするなら『りんごの木』でと思い、未経験からチャレンジ。

子どもが小学校に上がる前に家を購入しようと一念発起。長く働ける仕事をしようと初めて介護職にチャレンジしました。前に住んでいた家の近くに「デイサービスりんごの木 南店」があり、毎日子どもの送迎で前を通る度にスタッフの元気な声が聞こえて、介護をするならこんなところで、と思っていたんです。だから求人で『りんごの木』を見つけたとき、新しい家からは本店の方が近いですが、南店を希望して入らせてもらいました。実は、介護職には最初すごく抵抗があって悩んだんです。下のお世話とか私にできるのかなって。でも、利用者さんに「ごめんな」って言われてしまったら、抵抗とか言ってる場合じゃなく早くしようという配慮の方が大事だと気づいて。それに、最初にしっかり教えてもらえたので上手な対処の仕方を知ったことで、抵抗感が薄れたと思います。最初の1ヶ月はお風呂ならお風呂を1週間と全部の仕事を1週ずつ経験させてもらい、横に付いて教えてもらったのですごく覚えやすかったです。ある程度自分で分かるようになってから学校を探し、のんびり週1回とか通って初任者研修を取得しました。