勤務地 給与 maru

メッセージ

終末期の患者さんと
ご家族がより良く暮らすために

  • 梅田 恵
  • 梅田 恵

    ファミリー・ホスピス株式会社執行役員
    ホスピスケア部長

経歴

  • 日本緩和医療学会 評議委員 (1998年)
  • 公益財団法人 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団 事業委員(2016年1月~)
  • 日本がん看護学会 理事(2013.4~2017.1)(2019.4~)
  • 日本死の臨床研究会 世話人 
  • 日本看護管理学会 評議員(2018年10月~)
  • 「ホスピス住宅」という
    新たな選択肢

    当社が属する日本ホスピスホールディングスグループが、研究と普及に取り組んでいる「ホスピス住宅」。それは、がんや難病で専門的な緩和ケアを必要とする患者さんたちの「おうち」です。訪問看護師・訪問介護士が常駐し、24時間必要なサービスが受けられる環境で、最期まで自分らしく生活できる。病院とも施設とも違う、新しいカタチの「おうち」です。
    これまで、がんや難病で緩和ケアを必要とする患者さんには、病院のホスピス緩和ケア病棟に入院するか、自宅でケアを行うか2つの選択肢しかありませんでした。しかし、国の方針により病院の緩和ケア病棟の滞在は期間が限られ、また自宅でのケアは家族の負担が大きく精神的につらく感じてしまう人も少なくありません。そこで病院でも自宅でもなく、両方の“いいとこどり”をした新たな選択肢として生まれたのが「ホスピス住宅」です。

  • 緩和ケアで生活に
    意欲がもどってくる

    私自身、約30年間ホスピス緩和ケアの分野で看護師として経験を積んできました。30年前と比べると、緩和ケアは格段に進歩しています。病気による痛みや苦しさがケアによってやわらぐと、今までつらさに耐えていた患者さんの気持ちが変化して、「美味しいものが食べたい」「これをやってみたい」といった意欲が出てくるんです。私たちホスピススタッフの役目は、患者さんの「こうしたい」をサポートし、最期の時まで自分らしく過ごすお手伝いをすることです。
    ご家族には言えなくても、スタッフになら話せることがある。家族同士だと近すぎて見えなかったことも、プロの目で見たらわかることがある。「ホスピス住宅」は、患者さん・ご家族・プロのスタッフがコミュニティとなって新たな暮らしのカタチを作り上げていく場です。

  • 新たな暮らしの場をともに
    作って欲しい

    「ホスピス住宅」には、訪問看護事業所、訪問介護事業所が併設されており、スタッフは入居者様のお住まいに訪問してケアを提供するという形式を取っています。そこが病院や老人ホームとの大きな違いです。「ホスピス住宅」は、施設ではなく「おうち」。当社のスタッフは、始めにその意識改革から取り組んでいただきます。とはいえ、病院や介護施設等でこれまで勤務してきた経験から、いきなり意識を変えるのは難しいのも事実です。
    私たちは現在進行形で、一丸となって新しい「おうち」のカタチ、サービスの在り方を模索しています。スタートから各施設でかなりのノウハウが積み上げられてきました。そうしたノウハウを共有しながら、チームで相談し合ってより良い方法を目指しています。スタッフ一人ひとりがここで得た経験とノウハウを携え、全国に「ホスピス住宅」を根づかせてくれるのが願いです。興味をお持ちの方は一度説明会にご参加いただき、ぜひ私たちのチームの一員になってください。

私たちの役割と仕事

ホスピス住宅の普及を目指して活動しています。

ファミリー・ホスピスは「ホスピス住宅の研究と普及」活動の会社です。日本は超高齢社会への対応に追われていますが、今後より深刻な問題となるのが「多死の時代」への対応です。
年間死亡者数が今より40~50万人増え170万人の時代を迎えます。
終末期を見据えた生き方、死に方、死に場所をどう考え、
どう向き合うかが問われています。
がん患者を対象とした緩和ケア病棟(ホスピス病院)の整備は進みましたが、多くの国民が望む”終末期を自宅で療養したい、最期を自宅で迎えたい”に応える「ホスピス住宅」サービスは、欧米に比較すると非常に脆弱です。住み慣れた家でのホスピス住宅、高齢者住宅に自宅を移してのホスピス住宅を当社は日本に根付かせたいという思いで研究と普及活動をして行きます。

オンライン採用説明会のご案内

ファミリー・ホスピスでは
新設ハウスのオープニングスタッフを募集しています。

新しい時代。ホスピスという新しい仕事で、新しい自分をつくる

私たちと共に、新しいケアのかたちをつくっていきませんか。
ご興味のある方は「採用オンライン説明会」から是非ご参加ください。

  • 日本ホスピスホールディングス
  • ホスピス住宅事業サイト
PAGE TOP