スタッフインタビュー

楽しく働きたい・続けたい人に、変化し続ける当社をオススメします。

荒木 瑠衣
営業部 チームリレーションズサブリーダー
2011年入社
営業部で販促とスタッフの育成を担当。

就活をしているとき、合同説明会で『太洋社』に出会いました。もともとは広告・出版業界に興味があったんですが、入社したら新卒第一期生になることや社長が語る会社のビジョンなどに興味を持ち、「ここだったら楽しく続けられそうだな」と選考に進みました。アミューズメント業界について全く知らなかったので、一般的に言われるようなマイナスなイメージや偏見・固定観念はなかったですね。全国チェーンではなく小さい規模の会社だから、いろんな仕事ができるかなと思ったのを覚えています。
現在は、営業部で売上目標の達成に向けての販促活動と、社員とアルバイト・パートスタッフの教育・育成の二軸で動いています。少し前までは営業に関する仕事でも、お客様へのご案内のオペレーションをつくったり、内容の決まった販促ポスターをつくるといった数字が絡まない業務を多く担当していましたが、後輩が増えていく中でずっとそういうわけにもいかず(笑)、今は機種ごとの導入計画を立て、お客様数や遊技時間の増加を目標に、達成に向けて実行動に落としていく仕事をしています。

任せてもらえること。向上心を持って取り組めば、結果が付いてくること。今、毎日が充実しています。

曽祇 多一朗
経営戦略部
2016年入社
「この人の下で働きたい」と思った、社長との出会いが入社の決め手。

大学生のときにコンビニでアルバイトをしていて接客の楽しさを知り、接客を仕事にしてみようと、就活サイトに掲載されている企業に上から応募していきました。事業内容などを詳しく知る前に『太洋社』への入社を決意したのは、社長の考え方や人柄に強くひかれたから。大手アパレルなど最終選考まで進んだ企業もあったのですが、選考前に社長の話を聞き、「この人の下で働きたい」と初めて思ったんです。
入社後はホール・カウンター業務を丸2年経験し、3年目からは、社長直属の部署である経営戦略部で、新卒採用や集客イベントの企画、経営戦略を考えたり、SNSの公式アカウントを担当するなど、幅広い仕事をさせてもらっています。たとえば何かイベントをするとき、上からこれをしてというのがなく、自分の好きにさせてもらえるのが仕事のやりがいであり楽しさですね。遊技台の機種が関わるイベントはいろんな制約があるんですが、昨年、僕が企画したイベントは1年で一番賑わう1年で1番集客が増えたという結果を生み出した、海南本店で最も強いイベントだと自負しています。新しい社内システムの導入なども意見を取り入れてもらえるので、自分でどんどんやりたい僕にとっては任せてもらえることがすごく楽しいですね。