スタッフインタビュー

介護職員としてのキャパシティを広げることができました。

平田 里菜
[さうす国見デイサービスセンター]勤務
介護職
2006年入職
介護職はやっぱり楽しい。再スタートの職場がこの施設で本当によかったです。

短大卒業後、少しヘアメイクの仕事をして、その後、他の社会福祉法人の施設で介護職をしていました。介護の仕事を選んだ理由は、もともと興味を持っていたことと、人のためになり、やりがいがありそうな仕事だと思ったからです。最初は戸惑うことばかり。専門用語一つも分からず、すごく大変だった記憶があります。それでも、介護福祉士の資格を取ることができましたし、働きがいも感じていていました。ただ4年ほど経った頃、体調を崩してしまったのです。それで、一旦介護職を離れようと思い退職しました。でも、現場から離れると、自分は介護職が好きであることをあらためて実感するようになったのです。そして、もう一度チャレンジすることを決め、パート職員を募集していた当施設に応募し、無事に入職できました。
この施設を選んだ理由は、家から近かったことと、出入りしている職員の表情がとても明るく、「きっと働きやすい環境なのだろうな」と思ったからです。職場は入職前に抱いたイメージ通りで、館内はとても明るくて、職員同士の連携が取れ、何でも相談し合える風通しのいい環境でした。また、体調に合わせて業務を軽減してもらえましたから、仕事にも無理なく慣れていくことができたのです。

利用者様と職員の距離が近い家庭的な施設です。

斉藤 有子
[グループホーム すじゃく]勤務
介護職員(ユニット長)
2008年入職
毎日が充実していて、一日があっという間です。

前職は半年間ほどパートで介護職をしていて、その前は事務職をしていました。介護職を始めた理由は、高齢化社会で注目されていた仕事であったことと、介護職に携わっている知人の話を聞いているうちに興味を持ったからです。まったく知らない世界でしたので、「自分にできるかな」という不安もありましたが、周りの勧めもあり、思いきって始めることにしました。
始める前は、“ただお世話をさせていただくだけの仕事”と思っていたのですが、実際は体力が必要で、お一人お一人に合わせたケアが求められる仕事であることが分かったのです。「難しい」と感じると同時に「奥深いなぁ」という気持ちにもなりました。また、利用者様にこちらの想いが伝わったときには喜びを味わえますし、お互い助け合いながらチームで進めていく安心感もあり、「もっと本腰を入れて働きたい」と思うようになったのです。このような想いもあり、正職員を募集していた当ホームに転職しました。
最初は「こんな時はどうしたらいいのだろう」「どうやってお声がけをしたらいいのだろう」といった戸惑いがありました。でも、周りには、他の施設で経験を積んできた職員など、キャリア豊富な先輩がそろっていて、何でも聞けましたから心細さはなかったですね。

入居者様の快適で楽しい暮らしを全力でアシストしています。

柴田 優樹
[特別養護老人ホーム さうす国見]勤務
介護職
2015年新卒入職
人の温もりを感じられる居心地のいい職場です。

高校時代の私には、卒業後に「これをしたい」という目標がありませんでした。どんな道に進めばいいか思い悩んでいたときに、親から「介護の仕事をしてみたら」と勧められたのです。この助言で、私も「介護職なら、手に職をつけられそうだし、ニーズもさらに高まりそうだからいいかも」と思うようになり、短大で福祉を学ぶ道を選びました。
『さうす国見』には、短大時代に、施設で入居者様と関わって実務を経験する実習の実習先として出会いました。この実習期間中に、職員が入居者様にやさしく接している姿を何度も見かけるなど、雰囲気のよさを感じたのです。「温かみのある職場だから、きっと働きやすいはず」と思い、新卒募集に応募し、入職することができました。
現在は、食事の準備・介助、入浴介助、お手洗いのお手伝い、おむつ交換、レクリエーションなど、入居者様の生活のお手伝いをしています。仕事では、入居者様が快適に安心して過ごしていただける環境づくりを第一に考えていますので、いつも丁寧な言葉づかいや、やさしい介助を意識して入居者様と接しています。