スタッフインタビュー

戸田ロジスティクスセンター(TLC)は、東京都内や首都圏南部への配送にもスピーディーに対応できる京葉流通倉庫の大型拠点のひとつです。
主に書籍を扱うTLCでは、男性だけではなく、女性のパート従業員の方々も多く活躍しています。

お子さんを預けて働ける認可保育所を備えているほか、焼きたてが食べられるパン屋さんや、
駅からの送迎バスも用意するなど、「働きやすさ」にも力を入れている職場です。

今回は、倉庫内作業、ドライバー、事務のお仕事について、TLCで活躍中の4名に、お話を伺いました。

この本を手に取る、お客様を思う。 商品を、正しく丁寧に扱うことを心がけています

塚本彩貴さん
倉庫内作業スタッフ 2017年入社

まったくの異業種から転職して、4カ月になります。以前は、ゲームの品質管理でPCの前に座りっぱなしの仕事。そこから急に立ち仕事になって、最初の頃は筋肉痛になりましたね。周囲から心配された大きな転身でしたが、今では体力もついてきて、気づけば体重は9キロ減り、体脂肪率も一桁に!かなり健康的に痩せました。

入社のキッカケは、友人です。京葉流通倉庫で働いていた友人が、「向いていると思う」と勧めてくれたんです。多くの版元を顧客に持つTLCは、もともと本が好きだった自分に確かに合っていると感じています。様々な書籍や雑誌などを手広く扱っていて、まったく知らなかったような本にも出会える。実際に、この倉庫内で見て興味を持ち、購入した書籍もありますよ。

一消費者として本を買うことが多かったせいか、商品を丁寧に扱うことを、特に心がけています。傷つけないよう、大切に、汚さないように。本を購入されるお客様と直接顔を合わせることはありませんが、最終的にはお客様の手に渡ることを考えます。

職場の雰囲気は、明るいです。仲良くさせてもらってます。上司も倉庫によく顔を出して、声をかけてくれます。版元の要望に応えるため、時には残業もありますが、仕事はよく連携が取れていて、安心して働けますね。フォークリフトも、会社負担で免許を取らせてもらえます。今まで直接触れる機会はありませんでしたが、乗ってみると運転は結構楽しいですよ。

今は担当する持ち場の仕事をしっかりこなしながら、これからどんどんステップアップしたいと思っています。

チームワークで作業を終える達成感。 サービス向上を支える現場です

上原立也さん
3階フロアー長 2007年入社

10年前、求人広告を見て中途入社しました。以前も同様の職種でしたが、京葉流通倉庫は拠点も多く扱う品物の種類も多いですね。TLCでは主に書籍の出荷と入庫を行っており、4月からはここで3階全体を管理しています。今よりも作業効率を上げ、スピードアップするために何ができるか色々考えているところです。

TLCで扱う書籍は膨大で、版元がいくつもあり、繁忙期もそれぞれ違います。さまざまなジャンルの雑誌、書籍、問題集や参考書、絵本など、ありとあらゆる本を幅広く扱っていますので、間違いが無いように神経を使いますね。人手が足りないときは、社内各拠点から応援人員を確保する必要があり、その手配や調整などにも苦心しています。

作業量が多く忙しいときなどは特に、それぞれ連携し、皆で力を合わせて取り組まなくてはなりません。正直、大変なこともありますよ。でもだからこそ、期限内にやり遂げた時の達成感、充実感は本当に大きいですね。

日々たくさんの本にふれる仕事なので、本が好きな方、興味がある方にはいいと思います。自分たちが扱った本を書店で見かけたりすると、ちょっとした感慨もありますよ。

未経験のドライバーの仕事。 先輩が、一つひとつ丁寧に教えてくれた

三枝智昭さん
ドライバー 2014年入社

以前は某企業のサッカー部に所属していたのですが、そこが廃部になったのをキッカケに京葉流通倉庫に転職しました。もともと地元が戸田だったこともあり、倉庫業務の経験を活かしてTLCに入ったんです。大型免許は持っていたのですが、荷物を運ぶドライバーの仕事は初でした。

先輩が、すごく丁寧に、一つひとつ教えてくれましたね。複雑なことや細かいことも、紙に図を描きながら説明してくれて。一緒に乗務して教えてくれた先輩にも、本当に親切に良くしてもらって助かりました。とにかく優しい人が多いですよ。今でも、その日の仕事内容やルートを朝チェックして、分からないことがあれば先輩に聞き、確認してから出発しています。出先でも、無線で助けてもらったりしますね。

無事故・無違反は絶対なので、一日一日、細心の注意を払って取り組んでいます。あせらず落ち着いて仕事ができるように、時間に余裕を持って、何事も早めに行動することを心がけています。ミスをせず、無事に帰ってくる。そのために、早寝早起きなど生活の管理も大事ですね。

TLCで主に扱っているのは書籍ですが、食品・菓子やタイヤなど、京葉流通倉庫で扱う荷物は多岐にわたっているので、ルートや仕事内容は日によって変わります。雑貨の仕分けなど倉庫内での作業もあり、仕事の範囲も広いですよ。色々な場所へ行けるというのも自分に合っていて。あきずに、楽しみを見つけながらできる仕事だと思います!

効率良く、仕事を回していく。 「より働きやすい職場」に進化中!

佐々木真理子さん
事務職 2013年入社

私は以前、専門図書の取次会社で事務の仕事をしていました。前の会社では派遣でしたが、京葉流通倉庫には正社員として入社しました。現在は、前職でも経験のある書籍の受発注オペレーション業務を行っています。

仕事の具体的な内容としては、出版社からの出荷依頼を受け、取次へ納品するための指示書等を作成し、現場へ出荷指示を出すことのほか、返品データの入力やチェック、問い合わせ対応などもしています。一緒に仕事をしているパートの方々とも仕事を振り分けながら、なるべく効率的に業務を進められるように心がけています。

お客様である出版社の意向に沿うよう、搬入日や作業指示なども調整します。電車の中吊りや新聞などに掲載された新刊情報の影響で、多くの注文が来たりすることもありますね。TLCで受発注入力した書籍が売り上げランキングに入っていたりすると、その書籍に関わることができたというやりがいを感じますよ。

実は今、妊活中なんです。会社にも事情を話し、早く帰宅できるよう周囲の方たちに協力をしてもらっています。担当している仕事も、チーム内で少しずつシェアしたり、フォローしていただいたり、という状況です。まだ手探りの部分もありますが、今後、育児や介護などの事情を持つ方にとっても、もっと働きやすい、もっと誇れる職場になっていくと感じています。