福利厚生

さまざまな働き方や健康面をサポートする福利厚生をご用意。

産休・育休制度

川福会では、女性が働きやすい職場づくりを進めています。産休・育休から復帰して活躍する職員が多数おり、実に8割以上が制度を利用しています。育児経験を持つ職員が多いため、女性職員にとって仕事でもプライベートでも頼りになる心強い先輩がたくさんいます。ぜひ「仕事と育児の両立のコツ」を聞いてみてくださいね。

共済会

川福会は、「大阪民間社会福祉事業従事者共済会」に加入しています。指定の宿泊施設やレジャー施設で利用料の優待が受けられるため、充実したオフタイムが過ごせます。また、結婚祝金や出産祝金、退職金など、ライフステージの変化に対して給付金の支給もあります。退職金については、「福祉医療機構」の退職金手当共済にも加入しており、共済会と併せて2カ所から退職金を受け取ることができます。

がん検診補助・人間ドック助成制度

安心して長く働き続けるためには、スタッフ自身の健康が何よりも大切です。川福会ではサポートの1つとして、がん検診を受ける際の費用を補助しています。また、勤続10年以上のスタッフには、人間ドック利用の助成制度もあります。

短時間正職員制度

子育てや介護などでフルタイムでの勤務が難しい方は、短時間正職員制度を利用して最大2時間まで短縮した就業時間で、正職員として働き続けることができます。利用期間中も、社会保険や福利厚生などがフルタイム勤務と同様に適用されます。長く働くには、家庭との両立が不可欠です。「お互い持ちつ持たれつ」の精神で仲間を支え合っています。

近畿圏外からの就職者に対する支援制度

川福会では、近畿圏外の遠方から就職したい方をサポートしています。交通費、賃貸借契約費、保育施設一時金など、就業に必要な準備金を無利子で貸与し、住宅補助金により当法人が借り上げた住宅の使用料の一部を補助します。

同好会

川福会には野球やバレーボールなどさまざまな同好会があり、たくさんの職員が職種や事業所の垣根を越えて活動しています。同じ趣味を一緒に楽しむことで、先輩・後輩だからと気負わずにコミュニケーションをとることができます。業務においても連携が強化され、サービスの質の向上につながっています。

同好会の記事はこちら https://kawafukukai.or.jp/publics/index/173/