和歌山バス那賀とは?

行政の町づくりを、公共交通でサポート。安定感抜群です。

『和歌山バス那賀』の特徴は、一般路線だけでなく、コミュニティバスやスクールバスなど、より生活に密着した事業を行政と一緒になって行っていること。紀の川市・岩出市・かつらぎ町の街づくりに参加しているという誇りを持てますし、景気に左右されない安定感が魅力です。近年では、貸切バス事業も展開。老人会をはじめ、地域の方に親しまれており、笑顔ある暮らしのサポートを進めています。

余裕を持った運行スケジュールだから、長く働き続けられる。

当社のシフトは一般路線が3勤2休、コミュニティバスが2勤3休です。スクールバスは学校の登校日に準ずるので、基本は土日祝がお休みになります。勤務間インターバルもしっかり取れるので、最終便に乗車した翌日に始発に乗るといったことはありません。フレッシュできる環境を整えているので、60代のドライバーも多く活躍しています。

じっくりと育てる教育体制と免許取得支援制度。普通免許から始められる。

未経験から一人前のバスドライバーになれるように、強力にバックアップしています。たとえば、新人研修は能力に応じて2週間から1ヵ月間ほど時間をかけて行います。その後も、外部講師を招いた勉強会を定期的に開催。危険な場所を全員で共有し、マップに張り出すことで事故防止を促進しています。全国的に有名な外部研修に参加するチャンスもあり、ドライバーとしてのスキルを高められます。また、免許取得支援制度もご用意。大型2種免許をお持ちでなくても応募できるので、興味がある方はぜひお問い合わせください。

バスの種類が多いから、定年後も走り続けられる。

社員として一般路線を走ったあとは、コミュニティバスやスクールバスの運転士になる。そういったキャリア形成を当社なら描けます。コミュニティバスやスクールバスはワンボックスカーを使用するルートもあるため、大型車の運転が不安になってきた方も安心です。70代のドライバーもいるため、仮に40歳から入社しても体が健康であれば30年のキャリアを築ける可能性があります。「故郷に帰って長く働ける仕事に就きたい」「元気なうちはずっと働いていたい」といった想いを叶えられる環境が、『和歌山バス那賀』にはあります。