私たち一人ひとりの主体性がチームとして機能したとき、理想の職場環境が実現する。

看護師や介護士をはじめ、多方面からの手厚いサポートで患者様が主役の医療を確立。

私たち医療法人宮城会は昭和30年の設立以来、地域に暮らす方々にとって、身近で親しみ深い医療機関として大きな信頼をいただいてまいりました。街のクリニックからスタートして、現在は看護事業所や天理市からの受託事業でもある中部地域包括支援センターを運営するまでに成長し、今後ますますの手厚い医療の提供を目指しています。私たちが理想とする医療の実現のためには、医療機関としての信頼性とチーム医療の団結が不可欠です。クリニックや介護施設での外来診療から、訪問での看護・介護、通所リハビリ、ケアプランの作成といった在宅医療の分野にいたるまで、総合的な医療サービスの実践による、誰もが安心して生活できる街づくりのため、医師、看護師、介護福祉士が専門分野の知識とノウハウを生かしつつも垣根を越えた協力が必要です。 「患者様のためにもっとやりたいことがある」 「専門分野の知識や技術に限界を感じている」 「他の医療機関との連携が密接な環境で仕事がしたい」 そんな思いを宮城会で発揮、そして実現してみませんか。私たちと一緒に、誰よりも患者様のために、総合的な医療サービスを目指していきましょう。

求人検索

検索条件を設定する