スタッフインタビュー

未経験からのチャレンジを応援してくれる会社。新人でも、安心して働ける環境です。

平田 祐人
生産部プレスシャー部門
2014年入社
着実にスキルを身につけられる環境です。焦らず、一歩ずつ成長していきましょう。

『マキウラ鋼業』に入社したのは、本当に偶然でした。以前は測量関係の会社に勤めておりましたが、休みの少なさや勤務時間の厳しさに退職。特に次に就きたい職種も決めずに求人票を見ているとここの求人を発見。体を動かすのが好きなことと、特別な資格やリサイクルに関する知識はなかったものの、入社してからの資格取得支援制度があることを知り、すぐに入社を決意しました。現在は勤続4年半ほど。生産部のプレスシャー部門でお客様が持ち込んだスクラップの荷降ろしや選別、専用の機械へ投入して加工業務を行ったりしています。連休前などがこの仕事のピークで、たくさんのお客様が持ち込みにこられます。忙しくて急がなければいけない気持ちもあるなか、常に落ち着いて業務に取り組むようにしています。焦っても決して業務はスムーズにいきません。冷静に状況を判断して「どうすれば無駄なく作業ができるか」を考えて行動することが、円滑な業務につながっています。未経験からのスタートで不安もあった私は、先輩にサポートしてもらい、成長することができました。これから入社される方にも、安心して働ける環境だと感じてもらえるように接したいと考えています。

周りが支えてくれたから、安心して続けることができました。未経験でも大丈夫。私たちがサポートします!

古免 彩加
総務部事務課
2017年3月入社
引越しを機にリサイクル業界の事務職へ。「報・連・相」を大切にしながら働いています。

私は元々香川県で、事務員として働いていましたが、結婚を機にこの地域へ引っ越してきました。こちらでも経験を活かして事務の仕事をしたいと考え、これから需要の増加が見込まれるリサイクル業界なら安定もしていると考えて『マキウラ鋼業』に入社。荷物の計量から来客対応など、事務職全般を担当しています。どんな仕事でもそうですが、この仕事でも大切なのは「マナー」「見直し」「コミュニケーション」だと考えています。お客様と接する仕事ですので、しっかりとした言葉遣いや丁寧な対応を意識しなければいけませんし、私たちはお金も扱いますので、繰り返し見直しを行い、ミスのないようにすることも大事です。それから、当社の営業とのコミュニケーションも重要な業務の一環。お客様と営業の間をつなぐ部門として、しっかりと会話を交わし、伝達の漏れがないように気をつけています。「報・連・相」を心がけて働くことが、円滑な業務の進行と、自分自身の成長につながっていると思います。