スタッフインタビュー

“子ども一人ひとりを大切にし、子どもと同じ目線で接し、指図するのではなく何事も一緒にやっていく”が保育方針です。

友人からの「やれるだけやってみたら」の言葉に背中を押され、保育の現場にカムバックしました。

宮下 由香里
(2017年4月入職 園長)

子どもの成長を見るたびに幸せを感じています。

子どもたちの“素”が出せるような“第二の家庭”にしたいです。

福田 慶子
(2017年4月入職 保育士)