スタッフインタビュー

信頼関係と笑顔がこの仕事のやりがいです

星野殊枝(ほしの よしえ)
入社:2008年4月
雇用形態:正職員
所属:特別養護老人ホーム 常磐苑
役職:介護副主任
ボランティアや実習で、スタッフの対応に心打たれた

うちは両親が共働きで、子どもの頃は祖父母と過ごす時間が多く、中学生で介護職を志して常磐苑の納涼祭でボランティアに参加していたんです。ここで働くことを決めたのは、学生のときボランティアや実習を通して介護職員の先輩にとてもやさしく指導していただき、働きやすい職場だと感じたから。

私が担当しているのは、認知症の方が多く入所しているフロア。認知症の方々とのコミュニケーションには大変さもあります。ですが、時間をかけて少しずつお話したり、表情を観察してアイコンタクトを交えたりしながら次第に信頼関係が結ばれていくところにやりがいを感じます。

障害者支援は発見や感動が尽きない仕事です

作山裕宣(さくやま ひろのぶ)
入社:2011年4月
雇用形態:正職員
所属:障害者支援施設 光園芸学園
役職:就労支援B型 生活支援員
新たな一面を見せてもらえるとなにより嬉しい

今は就労支援B型という生産活動の支援を担当しています。商品を入れる箱の組み立てやシール貼りなど、利用者の方々が行う軽作業のサポートです。知的障害者の方々と接していて興味深いのは、ひょんなことから今まで気づかなかった特長を発見したり、成長が見られることですね。自分がおこなった支援で信頼関係が深まり、新たな一面を見せてもらえると達成感があります。

かつて祖父母が認知症でデイサービスを利用していたことから福祉の仕事に興味を持ち、福祉の専門学校へ。いろいろ学ぶ中で、知的障害者・精神障害者支援にやりがいを感じ、地元の光園芸学園に入職を決めました。

一人ひとりに深く関わっていけるのがこの仕事の面白さ

笠松 茜(かさまつ あかね)
入社:2017年4月
雇用形態:正職員
所属:障害者支援施設 吉見学園
役職:生活支援員
コミュニケーションの試行錯誤や工夫にやりがいを感じる

短大時代に吉見学園で実習を行い、職員が利用者の方々に大変丁寧に対応している姿を見て、ここで働きたいと思いました。さまざまある福祉施設の中で知的障害者支援施設を選んだのは、根気強い支援がしたかったから。1回で理解してもらえなくても、くり返し伝えたり、伝え方を工夫したり、そういう試行錯誤にやりがいを感じるんです。

入所施設のいいところは、利用者の方と深く関われて、一人ひとりの良いところも見つけやすいところ。一人でいるのが好きだと思った人が意外と甘えたがりだったり、予想外なことで喜んでもらえたり。そんなふうに人柄に深く触れていけるのがこの仕事の面白さだと思っています。