スタッフインタビュー

自分がどれだけできるか試したくて入社。チャレンジ精神を忘れずに今後も施設を良くしていきたいです。

中井副施設長・介護支援専門員
特別養護老人ホーム 樅の木荘
2013年入社
30代半ば。あえてゼロからチャレンジすることを選択

以前は別の施設で11年間生活相談員の仕事をメインに働いていました。そこでも周りのスタッフに恵まれていてそれなりに充実していたのですが、将来を考えた時に「もっと経験を積みたい」「新しい施設で今の自分がどこまでできるのかゼロから試したい」と思ったのが5年前の34歳の時。家を建てたばかりで子供もまだ小さかったのですが「一生に一度の人生」後悔することだけはしたくありませんでした。家族の協力もあり再スタートをするには今しかないと初心に戻る気持ちで転職を決めました。

かけがえのない毎日の積み重ねがこの仕事の楽しさ。やっと自分らしく働ける職場に出会えました。

三浦さん・看護師
特別養護老人ホーム 樅の木荘
2013年入社
体調をくずした先に待っていた樅山会との「縁」

今は周りのスタッフの協力もあって毎日自分らしく働くことができていますが、実は樅山会で働く前は仕事をすること自体を半分あきらめていた時期がありました。
20代前半で突然病気になり入院。それ以来働きたくても体調をくずしてしまうことが重なり、前職の介護老人保健施設で働いていた時は夜勤がきつく再び体調が悪化し1年弱自宅で休養していました。そんな時に出会ったのが通院していた樅山会診療所の圷院長です。悩みを打ち明けると「『樅の木荘』で働かないか?」「日勤のみだし体調と相談しながら働けばいい」ともう一度働くきっかけを後押ししてくださりました。

入居者様の笑顔が私の原動力。笑顔をもっと増やせるように“認知症指導者になる”という目標ができました。

斎藤さん・介護スタッフ
特別養護老人ホーム 樅の木荘
2009年入社
職員さんが明るく「ここで働きたい」と思って入社しました

母が介護施設で働いていたので中学生の頃からちょくちょくボランティアに行ってはおじいさん、おばあさん達とお話したり可愛がっていただいたりしていました。将来の仕事を考えた時に自然と介護施設での楽しかった経験を思い出し「介護の世界で働きたい」と福祉を学べる高校に入学しました。その後就職先を樅山会に決めたのは、職場見学に来た時に職員さん達が明るく楽しそうに働いていたからです。託児所が近くに完備されていたことも私にとっては大きなポイントでした。ここでならライフスタイルが変化しても長く働けそうだと思い入社を決めました。

在宅復帰を目指し職員間で協力・連携していることが、老人保健施設 コミュニティケアセンター樅山のカラー。

岡澤さん・介護支援専門員
介護老人保健施設 コミュニティケアセンター樅山
2015年入社
結婚し子供ができ、ステップアップしたいと転職を決意

以前は特養で働いていたのですが、結婚し子供ができたことでもっと頑張りたい、そのためにもっとスキルアップしたいと転職を決意。樅山会には色んな事業所があるので幅広い介護スキルを身に付けることができるし、待遇や賞与面が充実していること、求人広告の職員さんの笑顔が印象的で楽しく働けそうだと思い樅山会を選びました。働きはじめて1年で介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得することができましたし、以前より収入や休みが増えたので生活にも余裕が生まれました。子供が3人いて行事ごとがたくさんあるのですが、柔軟に休みをいただけるのですべて参加することができています。

未経験から始めた介護の仕事。挫折を乗り越えて今子育てと両立して働いています。

高野さん・介護スタッフ
介護老人保健施設 コミュニティケアセンター樅山
2013年入社
樅山会のグループホームで働く義母のすすめがきっかけ

これまでは介護と全く関係のない仕事をしていたのですが、結婚を機に樅山会のグループホームで働く義母から紹介してもらったことがきっかけで入職しました。というのも以前看護学校に通っていたのですが看護師の資格を取れなかったので、働きながら勉強することをすすめてくれたんです。樅山会には働きながら資格を取得している方も多くいて資格取得に対してサポートしてもらえると。今はまだ子供が小さく挑戦できていませんが私もいずれはもう一度看護師を目指したいと思っています。

「料理でもっと喜んでもらいたい!」その想いを叶えさせてくれる場所です。

大石さん・管理栄養士
特別養護老人ホーム 樅の木荘
2018年入社
「食べたい料理を食べさせてあげたい」と思ったことがきっかけ

樅山会で働きたいと思った一番の理由は「ここでは委託業者を通さずにメニュー作りから食事作りまで施設内で行っていること」に魅力を感じたからです。というのも、以前働いていた福祉施設では調理を別会社に委託していたため、メニューによっては「コストがかかり過ぎる」「手間がかかる」といった理由で思っていた食事を利用者様に提供できないことがありました。ここは大きな厨房があり、スタッフも多数働いています。大きな施設で働くことに不安はありましたが、それ以上に「利用者様が食べたいメニューを提供できる環境で働きたい」という気持ちが強く転職を決意しました。

20代で主任に抜擢。やりたい介護が実践出来ているのは周りのサポートのおかげです。

鈴木さん・介護職主任
特別養護老人ホーム 樅の木荘
2016年入社
意気込んで始めたものの、最初は空回りしてばかり(笑)

大学で福祉を学び、新卒で樅山会に入職。入った当初は「学んだことを活かしてやってやるんだ」と意気込んでいたのですが、実際に働き始めると思い通りにできないことが多くて(苦笑)「全然なっていない」と先輩に言われてしまった経験があります。今思うと自分を過信しすぎて焦ってばかり、自分のことでいっぱいいっぱいになっていました。「まずは落ち着いて周りを見渡してごらん。出来ることは人によって違うから、ゆっくりやりなよ」とアドバイスをいただき、もう一度初心に戻り介護を学び直しました。その経験があったからこそ “一度立ち止まって物事を考えるクセ” が身に付き、主任になった今でも自分の土台となっています。