スタッフインタビュー

私たちの仕事は安心の積み重ね。じっくり“人間力”のある社員に育ってほしいと考えています。

代表取締役 飯笹 茂
「安心して任せられる」地域に根ざしたお店として

2003年4月にアフラックサービスショップとして茨城県内で初めて開店して以来、保険に関するご相談や、アフラックの保険加入手続きができる来店型店舗の運営を軸に、これまで地域の方々をはじめ、多様な法人、個人のお客様に最適なサービスを提供してまいりました。私たちの仕事は「暮らしの基盤」「生活の安心」を支える仕事です。お客様のニーズにお応えするためには安心と信頼の積み重ね、ミスが起こらないことが大切になります。やりがいと一緒に責任も伴う仕事だからこそ社員に過度な負荷がかからないよう、当社では問題が起こっても誰かがフォローできる、情報をみんなで共有できる体制や仕組作りを行っています。ありがたいことに異業種からの転職者が多く、イチから仕事を覚え現在中心となって活躍しています。経験よりもまず魅力になるのは“人間力”。人がのびのび育つ会社として今後も成長していきたいと考えています。

何でも細かい所まで調べるのが好きな性格。勉強になることが多いからこそこの仕事が楽しいんです。

大堀さん・ルート営業
2014年中途入社
自分の「知りたい」を深められることが楽しい

結婚を機に水戸市に引っ越してきたのが4年前、前職は某団体職員で、共済の営業事務をしていました。共済の知識があり、当社の地域に根ざした安定経営と取引先の豊富さに魅力を感じ入社を決めました。現在は主に水戸市から県南地区の営業を担当しています。よく「人と話すことが好きなんですね」と言われるのですが、実は話すことが得意という訳ではないんです。どちらかというと一つのことに対してコツコツ取り組む方が得意な性格。でもだからといってこの仕事が向いていない訳では全くなくて、保険の細かい部分を調べることに活かせたり、情報収集できることが仕事の楽しさにつながっていたり。なので保険に詳しいお客様とつい話が盛り上がるってこともよくあるんですよ(笑)。

お客様の不安を紐解いていくやりがいのあるお仕事。子育てと両立できていることに感謝しています。

橋本さん・サービスショップスタッフ
2011年中途入社
お客様と関わる仕事を続けたい気持ちがきっかけ

以前は金融機関で20年近く働いていました。統廃合で勤務していたお店がなくなり転職を考えた時、畑は違うけど“お客様と関わる仕事を続けたい”と未経験でしたが思い切って転職を決意しました。金融機関の接客と大きく違うことは、保険の場合こちらからの働きがけが必要なことです。というのも一人ひとりに対してお勧めできる保険の内容が違うからです。求めている商品が何か探り当てるためにはとにかく話を聞くことが大事。家族構成、生活スタイルなど時間をかけてヒアリングしていきます。入社して間もない頃は商品知識がまだ乏しかったこともあり、その方にあった商品を提案することが大変で、もどかしい気持ちになった経験も正直何度かありました。