スタッフインタビュー詳細

車を運転するのが大好きですし、「二種免許取得の費用全額負担」の文字に心惹かれました

Yさん
応募のきっかけは、突然のひらめきでした

以前は、損害保険会社のコールセンターで働いていました。コールセンターの仕事は60歳で定年なんです。それで「あと数年で定年だな。」と考えた時に、自分の好きなことを仕事にして働きたいと思うようになりました。そう感じていた矢先、自分がタクシー運転士として働いている夢を見たんです。普段から車を運転することが大好きなので「これだ!」とひらめき、主人に「二種免許取ろうかな」と相談しました。
すると、主人が「二種免許を取るならお金貯めなきゃね。」と答えてくれました。
「それもそうだな。」と考えていたら、ある日新聞の折り込み広告で開成交通の求人広告を目にしました。
よくよく見てみるとそこに「二種免許取得証の費用を全額負担」と書いてあったので、すぐに電話をかけて求人の問い合わせをしました。

お客様から直接感想を言ってもらえることがやりがいに繋がります

ある日小さいお子様お二人とそのお母様をお乗せして運転したことがありました。そのお母様がタクシーを降りる時に「運転が荒くてタクシーが苦手でしたが、今日の運転は丁寧で気持ち悪くなりませんでした。とてもよかったです。」と言われて、何だかうるっときて涙が出そうになったことがあります。お客様に直接良い感想を言っていただけることが、やはりとても嬉しいですね。

女性のタクシー運転手は、お客様にとても喜ばれます

タクシーの運転手は、女性の方にもとても向いている職業だと思います。
まだまだ男性が多い職場ですが、女性ならではの気配りやきめ細やかな対応がとてもお客様に喜ばれますよ。
私自身も女性なので、ご年配のご婦人の方に「今日は女性の運転手さんで、本当によかったわ。細やかな気遣いをしていただけるので。」と言っていただく機会が多いです。
女性の方も、ぜひ一緒に働きましょう!

一覧ページへ