スタッフインタビュー

リハビリを重視した介護で、人生を豊かに

H.T
機能訓練指導員
現場の意見を尊重してくれます。

骨折が完治してもスッと立ち上がれない方のリハビリを担当した時、足首の動きが悪かった為、立ち上がり方を変える提案をしました。新しい立ち上がり方を練習したら、すんなり立てるようになったんです。そのとき大変喜んでもらい、時が経った今でも「あの時はありがとう」と会う度に感謝して頂けます。
リハビリに携われた方の日常生活が、少しでも豊かになったと実感できたときは、やっぱり嬉しいですね!

利用者様を大切に想う気持ちさえあれば大丈夫

Y.T
介護 兼 生活相談員
大切なのは、コミュニケーション。

初めて利用される利用者様に付き添った時「帰りたい、帰りたい」と嫌がる利用者様を落ち着かせる為、色々な話をして自分の出来る精一杯のコミュニケーションを図りました。
利用の回数が増すごとに笑顔が見られ、会話も増え、その方から「あの時は困らせてごめんなさいね。これからもよろしくね。」と笑顔で言ってもらえた時は、自分の頑張りが報われたと同時に、リフレアがその方の居場所になれたと感じて嬉しかったです。
仕事の中で、コミュニケーションの大切さを改めて学ばせてもらいました。

ハートを大切にしたお付き合い

H.I
看護師
4人の子育てと両立しています。

一番下の子どもが幼稚園へ行くようになり日中手が空いたので、子育てと両立できる就職先を探していました。以前は総合病院で働いていましたが、介護施設で働く先輩看護師に勧められてリフレアで働くことを決めました。
病院と違い夜勤もなく、家庭と両立したい私にはピッタリだったんです。最初はパートとして入社しましたが、子どもたちが小学校に進学してから、正社員へステップアップしました。生活環境の変化によって働き方を変えることができて、とっても助かりました。