スタッフインタビュー

最初は不安ばかりでしたが、今では「チャレンジしてよかった!」と思える日々。初心を忘れず、新しいことにトライし続けている。

片岡 佐登恵
福祉センター すいせんの丘
介護スタッフ
2015年入職
元々興味のあった「介護」に思い切って挑戦。皆様に信頼される介護を目指しています。

私は若い頃、看護助手として働いていました。その当時から、介護に興味はありましたが、看護助手を退職後も、なかなかチャレンジできずに違う仕事に就いていました。しかし、どうしても介護の道を諦められずに、思い切って飛び込んでみることに。現在は看護助手時代の経験も活かしつつ、利用者様と楽しい毎日を過ごしています。そんな日々の業務で気をつけているのは「事故が絶対にないように」ということ。当然のことですが、利用者様に怪我をさせてはいけません。忙しいときでも常に冷静に物事を対処し、慌てないように心がけています。落ち着いて、余裕をもったサービスをすることが、より良い介護に通じ、利用者様の満足につながって、信頼関係が生まれると考えています。そして、その信頼が「ありがとう」に結びつくと感じました。利用者様お一人おひとりに柔軟に対応し、寄り添った介護をお届けして、1番信頼される介護士を目指したいです。

良いサービスは一人ではできません。利用者様だけでなく、スタッフとも「同じ目線」に立つことを常に心がけている。

大岡 りつ子
福祉施設 すいせんの丘
ケアマネージャー
2017年入職
積み重ねた経験で「より良いプラン」を!1人ではなく、全員で前に進んでいます。

私は違う施設で勤務していたのですが、新しくグループホームが立ち上がる際に、以前勤務経験のあった当施設に声をかけていただき、戻ることを決意。現在はケアマネージャーとして、資格と経験を活かして働いています。ケアマネージャーは、利用者様のケアプランを考える仕事ですが、一人で決めたプランを指示し、黙々とやってもらうだけでは、より良いサービスを届けることできません。スタッフとともに考え、一丸となってプランを作り上げていくことが大切だと考えています。一人ひとりの今までの生活や考え方をふまえて、プランを練るのは確かに大変です。しかし、100パーセント理解することはできなくても限りなく100パーセントに近くすることはできます。これからも利用者様・スタッフたちと一緒に前に進んでいるような気持ちで、充実した毎日を送っていきたいです。

利用者様の笑顔が、私たちの笑顔に。毎日、嬉しい出来事がおこります。全ての人の豊かな生活をサポートします!

中尾 琢美
福祉センター すいせんの丘
介護スタッフ
2017年入職
きっかけは「誰かを支えたい!」そんな想いでした。日々、やりがいを感じながら働いています。

私は元々、保育士として働いていました。退職後、違う仕事も経験しましたが「やっぱり人と関わる仕事がしたい」と感じ、仕事を探し始めた矢先、父が病気で亡くなったのです。その際になにもできなかった自分が歯がゆく「せっかく人と関わる仕事をするなら、誰かを支える介護にチャレンジしよう!」と、強く想うようになり、介護の世界へ。未経験からのスタートでしたが、同じように経験ゼロから始めた先輩たちがしっかりサポートしてくれるので、安心して働けています。技術の向上や知識を身につけることも大事ですが、私が1番気をつけているのは、言葉遣いや丁寧な対応です。利用者様は自分より、たくさんの経験をしてこられた人生の先輩。「利用者」と「スタッフ」である以前に、一人の人間として、敬意を持って接することを心がけながら働いています。決まったマニュアルがなく、柔軟に対応する難しさはありますが、気持ちが伝わったときの喜びが仕事のやりがいです。