養成枠について

大型二種免許をお持ちでない方へ。
横浜市営バスでは【養成枠】を設け、将来の交通事業を担う人材を育てています。

大型二種免許を持っていなくてもバス運転手を目指せます。

まずは、当局「能力開発センター」にて、安全を最優先する姿勢、お客様応対の基本など交通局職員として持つべき基礎知識や考え方を学びます。また同時に、自動車教習所へ通い、大型二種免許の取得を目指します。

その後、営業所業務を行いながら、運転技術や接遇スキルなどを習得するための研修を行います。


バス運転手になるまで充実したサポート体制があります。

嘱託員として採用後、まずは、当局「能力開発センター」にて、研修を受けながら自動車教習所へ通い、大型二種免許の取得を目指します。

その後、営業所業務を行いながら、バス乗務に関する規定やルール、交通局のバスの乗務員として必要な運転技術や接遇スキルなどを習得するための研修を行います。


正規職員として雇用後、配属営業所にて実技研修

勤務成績等が良好で研修が修了したら、第三次選考(実技試験)となります。
試験に合格すれば、実際の運行区間を先輩の指導のもと運転する見習教習に入ります。

※嘱託員の雇用期間は1年間となります。


すべての研修を終えたら、バス運転手デビュー!

見習研修の終盤に単独乗務の見極めを行います。
同乗する試験官から合格をもらったら、いよいよ単独乗務へ。

バス運転手としてのキャリアがスタートです!