インタビュー

養成制度を利用し、バス乗務員デビューを果たした渡邊さん。
民間企業から当局に転職した同期入局の小森さん、森本さん。
当局を転職先に選んだ理由、仕事内容、職場の雰囲気を聞いてみました。

未経験からバス乗務員になる環境が整っている職場です。【バス乗務員/渡邊】

バス乗務員/渡邊
本牧営業所のバス乗務員。
2015年10月入局。前職は乳製品の配送ドライバー。
養成枠を利用し、以前の職場に身を置きながら教習所に通い、大型二種免許を取得。
現在は、主にみなとみらいエリアや横浜中華街方面の運行を担当している。
Q.横浜市営バスの乗務員を目指した理由はなんですか?
横浜出身なので、昔から市営バスには馴染みがありました。
親しみのある「クリーム色とブルーのバス」を運転したいと思ったことが理由です。
また、安定した経営環境のも...

転職してから、家族と過ごす時間が増えました。【バス整備員/小森】

バス整備員/(左)小森・(右)森本
2013年同期入局の2人。民間企業で整備士として経験を積んだ後、横浜市交通局に入局。
現在は本牧営業所でバス車両の整備を勤める。
Q.横浜市営バスの整備員を目指した理由を教えてください。
森本:
以前は大型自動車メーカーで整備士をやっていました。
前職は拘束時間が長く、体への負担が大きかったので、転職を考えました。
横浜市営バスの整備員とし...