スタッフインタビュー

“地域の人たちのため”が私の原動力。積極的に人と関われる仕事が楽しい。

大塚 春香
山新グランステージ水戸ホームセンター
販売員
2016年山新グランステージ水戸店入社
現在、家庭用品売場を担当

仕事選びで私が大切にしたことは「自分が生まれ育った地域の人たちのためになる仕事」かどうか。山新は地域密着型の会社。ここでなら、自分の希望に合った働き方ができると思い入社しました。
二年目の今、売り場作りや、商品発注を任せてもらえるようになり、先日は、珪藻土(けいそうど)という今注目の素材で作られた、バスマットやコースターの売り場作りを担当しました。お客様から「こんな商品があるなんて知らなかった!」「使ったら便利だった!」と、嬉しい言葉をたくさんいただき、改めて自分の仕事の影響を肌で感じることができました。「仕事の反応がダイレクトに分かること」それがこの仕事のやりがいですね。

仕事中は、常に時間を意識して、いかに効率よく業務を進めるかを考えている分、プライベートでは時間を気にせずリフレッシュするようにしています。ショッピングが好きで、休日はよく買い物に行くのですが、やはり出先でも「売り場の雰囲気」「店員さんの接客」が気になってしまいます(笑)。TVでも商品を紹介する番組をよく見るようになりました。生活のことが全て仕事に活かせるので、この仕事を始めて自分の視野が広がったし、様々な事に興味が増えました。

山新では正社員もパートも関係なく、売り場の意見を尊重してくれて、誰もが新しいことにチャレンジすることが出来ます。なので私のように好奇心旺盛な方が多く、チームワークはバツグン。最初は目上の人と上手くコミュニケーションが取れるか不安があったのですが、実際はお母さんみたいな温かい方ばかり。私が落ち込んでいる時は、すぐに気付いてくれて、何気なく励ましてくれます。

山新はとにかく「人」を見てくれる会社ですし、自分に合った雇用形態が選べます。そして楽しく働いている方がたくさんいます。新しいことをしたい、誰かを喜ばせることが好きという方、是非一緒に働きませんか。

自分の想いが伝わって購入して頂けた時「やっていて良かった!」と実感します。

北条 玲於奈
山新グランステージ水戸ホームセンター
販売員
2016年山新グランステージ水戸店入社
現在、工具売場を担当

もともと人と話すことが好きな性格、飲食店でのバイトが楽しかったこともあり、本格的に接客の仕事を探していた時に、見つけたのが山新の仕事。昔から近所にあって利用していたこと、地元の有名企業で安心感があったことが、応募の決め手になりました。
入社後は、資材館で工具・手工具・電動工具の担当をしています。工具一つをとっても使い方が違うため、最初はわからないことだらけ。毎日先輩に聞いてばかりでしたが、現在は2年目、商品知識も増え、先輩に頼る前に、自分で解決できることが増えてきました。

先日、通常取扱いのない業務用集塵機の問い合わせを受けた時、自分で調べてピックアップし、価格や能力をご案内したところ、入荷に一週間かかる商品だったにも関わらず、ご納得いただき、無事買って頂くことができました。お渡しした際に「本当に助かった!」といってもらい私自身も「やっていて良かった!」と、とても嬉しくなる経験をしました。直接お礼を言っていただけること、自分の説明が伝わることは、私にとって大きなやりがいになっています。

プライベートの趣味も、大きく変化しました。これまでは9年間やっていた野球や運動が趣味だったのですが、最近DIYを始めたんです(笑)。自分で本棚を作ってみると、ネジ、工具のこと、その奥深い世界に触れて、ますます興味がわいてきました。毎日の経験が仕事に活かせるので、勉強になることがたくさんあります。今は先輩のように、お客様からご指名を受けるようになることが目標です。

山新では、現場のスタッフに売場の企画や、新しい商品を導入する権限が与えられています。責任は伴いますが、自分の考えや想いがカタチに出来きるので、仕事に対するやりがいの大きさが、他のホームセンターと違う所かもしれません。
従業員同士の仲が良く、わからないことは先輩方が優しくわかりやすく教えてくれます。どなたでも安心して働ける職場環境ですよ。

地域の皆さまと、心のこもった交流ができる仕事です。

伊知川 裕子
山新グランステージ水戸ホームセンター
販売員
2010年山新グランステージ水戸店入社
現在、園芸売場を担当

切り花を担当していた時に、病気で亡くなったワンちゃんの花束を依頼されたことがありました。写真をお持ちでしたので、それを見ながら、私なりにイメージを膨らませて、気持ちを込めて花束を作ってお渡ししました。
すると翌日、お客様がわざわざお礼を伝えに、ご家族みなさんで来店してくださりました。それだけでも、本当に嬉しく、感激したのですが、高校生になる娘さんが「うちの子のイメージにぴったりの花束でした。嬉しかったです、ありがとう。」と、涙を流しながらおっしゃってくれたことが、この仕事をしていて一番嬉しかったことです。
山新には、家の近くだから、便利だからという理由で来店される方はもちろん、山新だからという理由で来店してくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。その山新の顔になるのが、私たち一人ひとりの販売員。心を込めた接客を心がけることで、嬉しい交流が生まれる仕事ですよ。