• 和久傳
  • 和久傳
  • 和久傳

和やかに、
久しく傳える。

日本料理を通し、
私たち和久傳が受け継いで来た
日本の食と文化のすばらしさを、
和やかに久しく伝えてまいります。

SCROLL

お客様と共有する感動は、
至極の喜び。

吟味した旬の食材の持ち味を生かす料理。
その料理と調和し、さらに豊かな五感の楽しみをもたらす四季の行事や工芸の手仕事。
古き良き日本を再発見しながら、お客様と感動をともにできる喜びは何事にも代えがたいものです。

印 印
  • 紫野和久傳 店舗
  • 和久傳 お料理イメージ
  • 紫野和久傳 店舗
  • 和久傳 お料理イメージ

和久傳
を知る

About

和久傳のはじまりは、明治3年、丹後峰山町で和久屋傳衛門と、妻のお久が始めた料理旅館まで遡ります。以来、連綿と紡いできた和久傳の想いをご紹介します。

いい人たちが、
和久傳をさらに輝かす。

いい人たちが、和久傳をさらに輝かす。

「人を愛する」和久傳には
人から愛される
人財が集う。

1

和久傳の人々Person

同じ志を持ち和久傳に集い、ともに学び、ともに働く。
現在までの和久傳の成長を支えてくれたのは、私たちにとってかけがえのない「宝物」である「人」そのものです。

森も、人間も、同じ。
時間をかけて育てていく。

森も、人間も、同じ。時間をかけて育てていく。
2

やってみせ、
やらせてみて、
和久傳の遺伝子を継承。

想い・学びに触れるThought & Learn

和久傳の仕事や、さまざまな研修を通し、多くの知見を得て、貴重な経験を積むことで、仕事人としてはもちろん、ひとりの社会人としても大きく成長できます。

旬の食材を最高の料理に仕上げる職人技。
作り手と贈り手の想いに添えるおもてなし。

旬の食材を最高の料理に仕上げる職人技。作り手と贈り手の想いに添えるおもてなし。
3

一人ひとりの
「熱」が生み出す
今日の和久傳の味と心。

仕事を知るWork

「野趣と文化」「野趣と繊細」という今日の和久傳の個性的な味、和久傳の想いをもたせる「おもたせ」に添えるおもてなしの心は、スタッフ一人ひとりの仕事にかける情熱が生み出しています。