徳原興産の魅力

「いっとく」「からさき」「金太郎」と3つのブランドを展開する『徳原興産』。3ブランドの特徴と、働く魅力を解説します。

ブランド紹介

いっとく

新世界で誕生した気軽に楽しめる串カツ専門店。専用の油で揚げた薄衣の串カツは口当たりが軽く、タレとの相性も抜群です。鉄板焼きなど、お客様を飽きさせないバラエティに富んだメニューを取り揃えています。

からさき

昭和20年に創業した「からさき食堂」の味わいを引き継いでおり、特に串に刺して提供するどて焼きが名物です。こだわりのスジ肉をはじめとした食材を専用の鉄板で仕上げる逸品は、多くの方に愛され続けています。

金太郎

徳島県産の「阿波尾鶏」や京都府産の「京赤地どり」を使用した焼き鳥が名物。素材本来の味を楽しめるように、薄味に仕上げているのがこだわりポイントです。串カツのノウハウを活かした、地鶏の串カツも人気メニュー。

働きたくなる5つの魅力

従業員の声を大切にする社風

『徳原興産』の主役は、一人ひとりの従業員です。現場の声を吸い上げ、経営に活かしています。店舗で行うイベントの提案も可能で、過去にはSNS映えを狙った通常の串カツより2倍大きな「びっくり串」の提供を行い話題になりました。また、半休制度など働き方に関する提案も形になっています。どのような店舗をつくるか、どのような会社をつくるか、一緒に考えられる面白さがあります。

成長を後押しする教育体制

串カツや焼き鳥、鉄板焼きの技術を学んで、たくさんの笑顔をつくれる教育体制を整えています。入社後は、当社の展開エリアや業態について丁寧に説明。その上で、興味のある店舗や得意を活かせる店舗を選択できます。また、新人研修は小規模で比較的余裕のある店舗で実施するため、忙しさに追われる心配はありません。しっかり基礎力を身に付けてから、本番に臨めます。また、異動の際も3ヵ月前より研修を行うので、業態が違う店舗へ活躍の場を移す場合も安心です。

実力重視の公平な人事評価

当社の人事評価において、社歴や年齢は重要視されません。「実力に応じてポジションを引き上げる」という考え方があり、早期のステップアップも可能です。過去にはアルバイトから正社員になり、22歳で店長になった例も。努力をきちんと認める制度があるから、前を向いてスキル向上に専念できます。

プライベートの充実にも配慮

若手が中心となって活躍する当社において、急速に進んでいるのが家族との時間も大事にできる職場づくりです。当社で働いてから、結婚して子どもが生まれたという社員が多く、自然と入園式や運動会などの学校行事があれば、シフトをカバーし合う文化が醸成されてきました。社員たちの環境の変化に合わせて、より働きやすい方向へ会社自体も変化しています。

社員同士の交流を深める福利厚生

社員同士の交流も定期的に行えるように、月1回開催するミーティング以外に、年2回社員旅行を実施。沖縄などに旅行をして、気分をリフレッシュしています。忘年会にも力を入れ、過去には屋形船で開催したことも。ちょっとした贅沢を味わえると社員からも好評です。