株式会社 東亜オイル興業所 採用サイト

求人検索

スタッフインタビュー一覧

“研究開発”で、この国の産業を支える

技術開発

中条 拓也

スタッフの経歴
入社:2009年4月入社
所属:工場管理課 技術開発G 技術開発部門

廃棄物は原石である。それを宝石にできるかどうかが、この仕事の醍醐味。

最終処理物を、新しいリサイクル燃料に転換するための開発をおこなっています。近年、廃棄物処理のリサイクルがうたわれていますが、埋め立て以外の選択肢にはコストがかかるのも現状です。その中で「できる限り再資源化する」ことを目標に、日々研究をおこなっています。いろいろな廃棄物処理の会社がある中で、このように自社で研究から開発まで請け負っているところは少ない方ですね。環境負荷の低減に直接関わっていると自覚できる、そんな仕事に誇りを感じています。

詳細を見る

“処理”で、この国の産業を支える

工場スタッフ

藤代 侑也

スタッフの経歴
入社:2017年3月入社(中途)
所属:工場課第一工場係

「誰かがやればいい」で済ませていては、地球はどんどん汚れていく。それを担うのが私の役割。

地球の環境汚染や、ゴミの処分が社会問題として深刻化する中で、廃棄物の処理は必要不可欠です。「誰かがやればいいや」という感覚を皆が持ってしまうと地球はゴミだらけになってしまいますよね。ここでおこなっている産業廃棄物の処理という作業はこの国の産業を支える為になくてはならない仕事です。自分が廃棄物の処理をおこなうからこそ、環境を少しでも汚さずに済んでいる。そんな大きな規模のやりがいを感じられるのもこの仕事ならではの魅力だと思っています。

詳細を見る

“提案”で、この国の産業を支える

営業

鶴岡 雅敏

スタッフの経歴
入社:2013年8月入社(中途)
所属:営業部門 リーダー

「自己処理」「埋め立て」という選択肢を選ばずに弊社で処理をするメリットを伝えていく。

産業廃棄物を、「どう処理すればいいかわからない」という問題を抱えていらっしゃるお客様に対し、適正な処理をおこなえるようにさまざまな提案をしていくことが私の仕事です。普段は朝の出社後、平均して2~4社を訪問して営業活動をおこないます。訪問先は既存のお客様への定期訪問や、新規のお客様にアポイントを取り営業をしに行くことで、新規契約へと結び付けます。

詳細を見る

“運搬”でこの国の産業を支える

ドライバー

鈴木 順

スタッフの経歴
入社:2008年2月入社
所属:ドライバー 業務係

いろいろな世界をみて、大きく成長していける。のびのびとした働き方がここにありました。

最初は工場勤務で入社をしましたが、数年前に廃棄物の収集・運搬ドライバーに転向しました。「一つの場所にとどまらず、いろいろな場所に行ってみたい」そんな思いから最初ははじまりましたね。そのように自分の希望にきちんと耳を傾けてくれる環境があったからこそ、今の自分がいると思っています。業務上、休日出勤はどうしても出てきてしまいますが、班で動いているため1年分のスケジュールがあらかじめ把握できているんですよね。そういった面で、プライベートな予定を立てやすいのもうれしいポイントです。

詳細を見る

PAGE TOP