いろんな形の「ありがとう」を日々たくさんいただける仕事です。

運転士:勝山(58歳)
家族構成:妻1人・子2人の4人家族

勤続年数:4年
前職:自衛官

入社のきっかけは?

元々、航空自衛隊で自動車の整備をしていました。
18歳から54歳の定年までの36年間、定年まで勤め上げ、その後自衛隊の「援護室」というところからの紹介で入社しました。

いくつか紹介先がある中で、自分の志向性などに基づき、バス会社を選びました。
また、バス会社への就職が決まった際に大型二種免許も取得し、入社後スムーズに仕事ができるよう準備をしていました。
自衛隊にいたころに整備を担当していたということもあり、タイガートラベルでも運転業務に加え整備管理者としても従事しています。

研修ではどのようなことをしましたか?

まったくゼロからのスタートでしたが、先輩ドライバーへの同行なども重ね、ものすごく丁寧に乗務の訓練や、気を付けるポイントなどを指導してもらいました。
まずはマイクロバスからスタートし、一般道路の走行、車庫入れなどを練習しました。
その後徐々に慣れてきたところで先輩に同行していただきながら中型、大型バスの運転へと進んでいきました。
私の場合は一人で運転できるようになるまで1年ちょっと掛かりました。

この会社では無理に一人で乗務をさせないため、個人のスキルに合わせてしっかりと訓練をしてもらえます。

「安心」して乗務できるまで育ててもらえるので、スキル面だけではくメンタル面でも充実したサポートを実感することができます。

業務をする上で大切にしていることは何ですか?

まず第一に、お客様を安全にお届けすることです。
お客様が安心して心地よくバスに乗っていられるよう常に心がけて運転をしています。

また、駐車する位置など、1cm2cmの細部まで注意を払いながら最適の場所に停車ができるよう心がけています。

印象に残っていることはありますか?

部活動の送迎をした際、業務終了後に部長から「整列」の声が掛かり、部員の皆で私に向け一斉に「ありがとうございました」と御礼の言葉を言っていただけたことがありました。

こちらとしては予定通り業務を遂行しただけでしたが、思わぬ言葉にとても嬉しかったのを覚えています。
この仕事は出会いの数も、感謝の言葉をいただく数もとても多いのでやりがいに繋がっています。

今後目標にしていることはありますか?

58歳ですが、ドライバーとしてはまだ4年程度。もっともっと勉強してバスのスペシャリストを目指したいです。
整備も担当しているので、整備の技術も高め、更に安全な状態でお客様に提供できるようになりたいです。

一覧ページへ