たつみのビジョン

たつみ工業100年企業を目指して___いっしょに歩んでいきましょう

岩根 弘幸
代表取締役
1974年よりコンビニ用ウォークイン冷蔵庫を主力に成長

たつみ工業は、1962年に設立された業務用プレハブ冷凍冷蔵庫のメーカーです。私はその3代目。社長に就任して14年になります。
当社は、日本にコンビニエンスストアが登場し始めたばかりの1974年に、いち早くウォークイン冷蔵庫を納入しました。以来、コンビニでペットボトル飲料を陳列する冷蔵庫を主力としています。某大手コンビニエンスストアチェーンのほとんどの店舗(東京・神奈川は100%)に納入しており、ほかにも、飲食チェーン、ホテル、研究施設、病院、企業、町の生花店や菓子店など幅広い場所で当社のプレハブ冷凍冷蔵庫が活躍しています。

創業60周年を迎え千葉新工場で新規事業を開始

創業60周年を迎えるにあたり、当社は第二創業に乗り出します。現在、大規模な新工場を千葉県に建設しており、そこで私たちは新規事業をスタートします。先進性のある事業のため、詳細は面接に来てくれた方に直接お話したいのですが、未来のより良い社会に大きく貢献する革新的な事業であることは間違いありません。
この度募集する幹部候補の方には、その新規事業の立ち上げから関わり、経営マネジメントに携わっていただきたいと考えています。一緒に新しいことにチャレンジし、ともに成長して、たつみ工業を100年企業に向けて新たなステージへと飛躍させたいと願っています。

川崎本社工場は少数精鋭の多能工集団

少数精鋭の当社は、一人ひとりが多能工として製造から施工までさまざまな業務を行えるのが強みです。勤続53年のベテランから新卒まで幅広い年齢層が揃い、現在は20代~30代の若手が多く活躍しています。
社員のモチベーションを高めるために社内で技術を学び合うワークショップを実施し、年1回ホールを借りて決算報告会と経営方針発表会を長年行っています。また、お昼休みにシエスタ休憩を導入するなどユニークな取り組みも行っています。
創業60周年を支えたのは、川崎本社工場で活躍している社員たちの力です。幹部候補の方には、ぜひ彼らの活躍も見てほしいと思っています。当社のウォークイン冷蔵庫のシェアは現在も伸び続けています。新工場での新規事業と両輪となって、創業100周年を目指せるよう、幹部候補の方に、力をお貸しいただきたいと思います。