幹部候補の方へ

新工場の新たな挑戦をけん引してくれる方をお待ちしています

鈴木 勝也
入社:2016年9月
役職:工場長代理
新工場に関する業務はイチからの挑戦

工場長代理として、主に工場の管理やサポートを行っています。当社には、20歳から70代まで幅広い年齢の社員がいて、今20代の若手が増えているんです。私はベテランと若手の中継役として、上の世代の要望を若い世代にわかりやすく伝え、若手の声にも耳を傾けて社内コミュニケーションを円滑に運ぶのが務めだと考えています。

また、会社がいろいろ新しいことにチャレンジしている中で、私自身も新工場で使用する梱包材や物流の手配を任せてもらいました。工場長代理としてのこれまでの仕事は前任者からの引き継ぎでしたが、新工場に関する仕事はイチからの挑戦。自分にとっては未知の領域なので、できる限り情報を集めて一歩ずつトライしていくつもりで取り組んでいます。

まずは動いてみることで得られる経験がある

新たな業務に挑戦するにあたり、社長から「失敗を恐れずにトライしてみなさい」と声をかけてもらいました。失敗は怖いですが、初めての分野では、ひとまず動いてみることで得られる経験があります。その積み重ねで、わかること・できることが増えていく。自分の仕事に責任を感じることは必要ですが、ガチガチに考えず、どれだけリラックスして挑戦できるかが成果にも影響してくると思います。社長のひと言のおかげで、挑戦を楽しむ心のゆとりができました。

岩根社長は社員のことをよく見て、親身に考えてくれます。仕事以外の社内行事も企画してくれるので、社員はとても楽しく業務に取り組めます。私自身も、社長のように部下が安心して挑戦できるよう導いていきたいと思っています。

小さいながらも優れた機動力と団結力が当社の強み

たつみ工業は仲間意識が強く、全社一丸となって業務を遂行できる優れた機動力があります。小さな工場で設計・生産・運送・施工まですべて行っているので、全工程を見渡せます。その中で互いに学び合い、フォローし合えるのが当社の強みです。

今後は新工場を含め会社の管理を今以上に任せてもらえるよう、視野を広げていきたいと思っています。目の前の挑戦に取り組みながら得意分野を伸ばし、苦手分野にも尻込みせずにいろいろなことを吸収したい。たつみ工業は社員のやる気を伸ばして、自然と前向きでいられる会社です。新たな挑戦をともに楽しみ、けん引してくれる方を心よりお待ちしています。