Training 教育・研修

To be a Professional

プロフェッショナルになるために

未経験入社のスタッフが数多く活躍する当社。花やみどりに詳しくなくても着実に知識・技術が身につくよう、また社歴を重ねてもなお学び続けられるよう、教育・研修制度を充実させています。

社内研修制度の充実

  • フラワー・グリーン研修

    長年、一線で活躍するベテランスタッフが教育担当となり、若手に接客・技術面におけるノウハウを伝える研修で、2ヶ月に1回、業務時間内に開催されます。模擬接客、商品企画提案、品種テストなど、取り扱うテーマは部署によってさまざま。原則として、所属チーム全体で実施する形を取っており、改めて同僚のスタイルに学ぶチャンスにもなっています。

  • 他部署交流研修

    社内交流をうながすと同時に、普段と異なる仕事の進め方に刺激を受けてもらおうと、不定期で部署をまたいだ研修を行っています。フラワーショップとブライダル事業部の合同で実施された際は、店舗スタッフが婚礼用の装花づくりを体験。「準備に時間をかけるぶん、失敗の許されない業務内容から、新たな視点を知った」といった反応が返ってきています。

  • 国家資格取得支援

    フラワー装飾技能士、園芸装飾技能士、造園施工管理技士など、植物・園芸に関する国家資格を取得した場合、会社が受験料や講習代金を全額負担(実務経験年数、会社推薦など条件あり)。毎年、コンスタントに合格者を輩出しており、キャリアアップを実現しています。現場からマネジメント側に移った際にも、これらの資格は大きな武器になります。

  • コンテスト参加を奨励

    現場の技術力向上を目的に、当社では各種コンテストやガーデニングショーへの出場を奨励しており、過去に多くのスタッフが入賞を果たしています。エントリーを希望するスタッフへは、練習場所や必要な資材の提供など、会社として可能な限りのバックアップを実施。向上心を持って仕事に打ち込む姿勢に対して、心からの応援を送っています。

  • 海外研修

    毎年、会社推薦を受けたスタッフを、パリとニューヨークのフローリストに、それぞれ技能研修という形で派遣。スタッフの一員として実務にあたるだけでなく、現地の生花市場や花器店も訪ねる内容で、本場の花文化そのものを体感できます。また、海外で開催される国際的な園芸博覧会も視察しており、最先端の園芸・装飾技術にふれるチャンスとなっています。

  • 全社統一幹部研修

    マネージャー職以上の幹部社員を対象に月1回、外部講師を迎えて実施。人事評価のポイントや労務管理、部下とのコミュニケーションをはじめ、毎回異なる切り口から組織マネジメントを学びます。この研修の目的にあるのは、職場の違いによる人材管理のぶれをなくすこと。管理側の意思統一を通じて、全社を挙げて働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

Back to Top