INTERVIEW
スタッフインタビュー
D.T.
INTERVIEW 02

これも、あれも、ウエルカム。
そんな人を待っています。

D.T.
営業課
2013年キャリア入社
入社した理由を教えてください。
前職はネイリスト。休みや勤務時間が不規則でしたので、出退勤の時間が安定している仕事で、何かいい会社はないかと求人サイトを探していたところ見つけたのが当社でした。経験不要で、当時本社があった場所の近くに住んでいたことが応募の理由です。事務を選んだのは、事務職をしている友人から勤務時間が比較的安定していると聞いていたからです。
入社した理由を教えてください。
入社後、最初にぶつかった壁は?
「女性にはできないよ」という現場の男性職人が持つ先入観を超えることが最初の壁でした。昔から「男性だからできる、できない」「女性だからできる、できない」といった概念は私のなかには存在せず、頑張ればみんなできるというスタンスです。「あなたには無理よ」と言われるのが好きではなく、そう言われると「やってやる」と負けじ魂に火が付きます。現場の作業も、梱包も一緒にしてきましたし、持てる範囲なら重量物も運んできました。おかげで現場でも認められるようになったと感じています。
入社後、最初にぶつかった壁は?
仕事をするうえで意識していることは?
可能な限り作業効率を良くして、会社の利益向上に貢献することです。例えば、その日はコンテナ作業の予定が3本で、翌日は1本。という場合、通常であれば作業員2名を2日間手配する必要がありますが、お客様や業者の方と前倒しや後ろ倒しといった調整をして1日で終わらせられるように段取りします。前倒しするときは当社で一日保管しなければいけませんので、保管場所の確保など他部署や現場との連携が欠かせません。
仕事をするうえで意識していることは?
リーダーになったときの心境は?
2018年からリーダーを任されています。上司から「お願いしたい」と言われたときは「まさか私が」と驚きました。不安というか、「リーダー」がどのような存在であるべきかわからず、とりあえず「やってみる」というのが正直な感想でした。今でも理想のリーダー像を模索中ではあるものの、少なくとも話しやすい、相談しやすい存在でいようと心がけています。何も言えないような関係になるとお互いに仕事がしづらくなりますので。
リーダーになったときの心境は?
部下や後輩への指導について教えてください。
業務の一部を徐々に引き継いでいます。コンテナ作業などの効率アップやトラックの手配などに関して、後輩から「これをこうしたいんですけど」と聞かれたときには、どのようにしたら一番スムーズに進むかということを、私の経験談を惜しみなく伝えています。あと、声かけも大切です。「〇〇さんだからできる仕事なので大変だけど頑張って!他にもいろいろできているよ!」と励ましています。私自身も先輩の言葉に助けられてきたので、恩返しではないですが、いいものは受け継いでいきたいです。
部下や後輩への指導について教えてください。
これからの目標を教えてください。
今の目標は、主任になることです。中途で入社し、最初は国内物流に関する事務業務だけでしたが、今では輸出入も担当するようになるなど、徐々に業務の幅を広げていきました。役職も、リーダーを任されて自分なりにポジションと向き合っているうちに、少しずつ自信がついてきました。会社のために次に何かできるか。導き出した答えが、主任になり、さらに大きな責任を負い、先頭に立ってみんなを引っ張ることだったのです。まずは、所属部署の業績アップを目指します。
これからの目標を教えてください。
インタビュー:2019年9月