スタッフインタビュー

父が倒れたのをきっかけに、この仕事へ

土岐 祐亮
入社:2017年
職種:訪問介護
医療的ケアの技術と知識を身につけたくて

仕事内容は大きく分けて3つ。掃除、洗濯、食事など身のまわりのサポートをする生活援助。排泄や入浴の介助、痰の吸引などを行う身体介護。そして通院などの送迎サポートです。
私はもともと特養で働いていましたが、父が病で倒れ、将来的に自宅療養になったとき喀痰吸引や経管栄養の知識が役に立つと思ったのが入職の経緯です。サンライフでさまざまな利用者さんやヘルパーさんとお会いし、経験を積めたことは父のサポートにも生かされています。

お一人に集中できるのは自分にとっても心地いい

松原 鮎美
入社:2018年
職種:訪問介護
時間に追われない介護ができて嬉しい

前職は老健で介護士としてお仕事をしていました。そのときの同僚がサンライフに転職して、いろいろ話を聞かせてもらったのがこの仕事を知ったきっかけです。
実際に入職してみると、1対1で利用者さんとじっくり向き合えることがすごく心地良いというか。施設では1日の決まった流れに合わせて動かなければならなかったけれど、今はお一人に集中して生活のお手伝いができることが嬉しくて、こちらのほうが自分には合っていると思いますね。

慌ただしい介護から、1対1のおつき合いへ

永島 マリ
入社:2020年
職種:訪問介護
「ちょっと待ってて」と言わずにすむのがいい

以前は特養で働いていたのですが、施設での仕事はどうしても時間に追われ「ちょっと待ってて」と1日に何回も言わなければならないのが心苦しかったんです。この仕事をしている知人から、訪問介護なら一人ひとり丁寧にケアできると聞いて、私もこちらのほうが向いているかもと思い紹介してもらいました。
痰の吸引などの医療的ケアは実務者研修の資格を取るときに学びましたが、サンライフで改めて学び直し、今も日々スキルアップに向けて勉強中です。