「私にもできるかも!」女性運転士に勇気をもらい、憧れのバス運転士の道へ。

バス運転士/大野 晴子(2017年入社)

横浜営業所に勤めるバス乗務員。
横浜駅周辺や保土ヶ谷エリアを中心とした路線バスの乗務を担当。
前職で障がい者支援の仕事を経験した後、相鉄バスでバス運転士デビュー。

Q.相鉄バスの運転士を目指したきっかけはなんですか?

相鉄バスの女性運転士を実際に見て、「男性だけの仕事ではないんだ」と知れたことがきっかけです。

実は、子どもの頃からバス運転士に憧れがありました。
10m以上もある大きなバスを自在に動かす姿を見て、かっこいいなって。
でも、バス運転士を「男性の仕事」だと思っていたので、自分がなるのは諦めていたんです。

そんなときに乗った相鉄の路線バスで、女性の方がバスを自在に運転している姿を見て。
「私にもできるかもしれない!」と勇気づけられたんですよ。

その後、会社説明会に参加して、入社を決めました。

Q.仕事をしていて良かったことはありますか?

常連のお客様から「いつもありがとう」とのど飴を頂いたり、外国人のお客様から「グッジョブ!」と声をかけていただいたり、お客様から感謝の言葉を頂けるとすごく励みになりますね。
笑顔と明るい声のアナウンスを心がけているので、接客を褒めていただけると、なお嬉しいです。

また、自分の地元の路線を走ることがありますが、憧れの仕事を通じて、身近な方の役に立てていることが嬉しいです。

Q.働いてみて気が付いた相鉄バスの良いところはありますか?

施設や制度がとても充実していると思います。

施設だと、女性専用の仮眠室にはカプセルベッドが設置されているんです。
防音性が高くて、とてもリラックスできますね。住みたいくらい快適です(笑)

制度だと、医療費の補助がありがたいです。
補助のおかげで費用をあまり気にせず病院に行けるので、万全な状態で乗務に臨めます。

Q.横浜営業所はどんな営業所ですか?

「助け合いの文化」が根付いている営業所だと思います。

例えば、有休が取りやすいのも、助け合うからこそなんですよ。
自分が有休を取ったら、別の方に出勤してもらって。
逆に他の人が有休を取るときは、自分が出勤することもあります。

そういった文化が根付いているからこそ、働きやすい職場なんだと思います。

また「楽しい営業所」でもあると思います(笑)
軽い雑談も、路線の情報交換も、どちらも気軽にできる明るい職場ですね。
今は女性より男性の人数が多いですけど、男女の壁を感じることもなくて、居心地が良いです。

一覧ページへ