スタッフインタビュー

やさしい仲間たちに囲まれながら、先日からリーダーに昇格させていただきました。

小西 愛果
介護職
ライフかざはや リーダー
2016年入職
うれしいときは一緒に喜び、悲しいときは一緒に泣く。利用者の方の気持ちに寄り添うことが大切です。

小さいころからおじいちゃん・おばあちゃん子だったこともあり、将来は福祉の業界に進みたいと漠然と考えていました。それで短大へ進学し福祉心理コースを専攻して、以前からの目標であった福祉の仕事に就くことにしたのです。介護関連の会社は、2社受けました。最終的に正寿会を選んだのは、説明会での雰囲気がとても良かったから。職員と利用者さんはもちろん、職員同士のやりとりが、とてもあたたかくてアットホームだったのです。まさに「家」みたいな印象を受け、私もこの法人の一員になりたいと思えたのです。今は介護職として、利用者の方と関わり、食事やトイレ・入浴などの日々のお手伝いをしています。仕事をするうえで意識をしていることは、お一人おひとりの気持ちにできるだけ寄り添うこと。うれしそうにしていたら「何かいいことがありましたか?」と話しかけ、元気がなければ「どうかされましたか?」と声をかける。利用者の方の気持ちを理解できるようにして、日々向き合いながら、多くの笑顔を増やせるようにしています。

利用者のピュアな笑顔を見るたびに転職して良かったと感じます。

小西 真澄
生活支援員
カザハヤ園 サブリーダー
2016年入職
誰かの人生を力強く支える仕事がしたい。転職を決断した障がいを持った方との出会い。

前職の工場勤務の際に、障がいをお持ちの方と関わったことがありました。もし転職するなら、その人たちを支える仕事がしてみたいと、心の中でずっとそう思っていました。それが叶ったのか転職することになり、迷うことなく福祉業界の中で、正寿会を選択したのです。入職後は、支援員として食事やお風呂など、生活全般の支援をしています。仕事で意識しているのは、全員と平等に接すること。性別や年齢など、さまざまな方がいますが、誰もが安心できる支援を提供できるように心掛けています。うれしいのは自分のしたことに対して利用者の方が喜んでくれるとき。笑顔が、本当にピュアなんですよ。その笑顔を見るだけで、こっちも幸せな気持ちになれます。私がニコニコしていれば、利用者の方も同じようにニコニコ。そう利用者の方は、まさに私の心を映す鏡のようなもの。それだけ、日々の生活において支援員の存在が大きいのです。

小さな二人の我が子と自分の成長のために正寿会を選びました。

中村 静香
介護職
スマイルかざはや
2018年入職
家の用事ですぐに帰らないといけないときでも、周りがフォローする体制ができています。

以前は、他の老人ホームで介護職員をしていました。転職したのはケアマネの資格を取得したのがきっかけ。資格を活かすためにデイサービス施設がある会社に行きたかったのです。もうひとつの理由が通勤時間。二人いる小さな子どもの面倒を見るため、家から近い正寿会を選びました。今は、平日4日勤務で土日が休みです。勤務に関しては融通を聞いてくれるので非常に助かっています。子どもが、突然学校で熱を出したときはセンター長が、「後はこっちでやっとくから心配しないで行っておいで」と帰らせてくれます。私のように子どもを持つ職員も多いのですが、チームワークで仕事をする環境がきちんと整備されているので安心して働くことができるのです。困ったときに支えてくれる仲間が周りにたくさんいるのは本当に心強い。親切でフレンドリーな人が集まるあたたかい職場です。