メッセージ

現場主義の精神で、訪問看護の可能性を発信

所長 鈴木大央
利用者さまとスタッフが快適な現場を第一に

千葉県山武市周辺エリアでは在宅医療サービスの提供体制が都市部に比べまだまだ不足しています。ご自宅でも充実した医療や看護、リハビリが受けられることを浸透させ、”状態にかかわらず安心して住み慣れた自宅で生活できる”という、療養生活の選択肢を広げるため、私たちは「なるとう訪問介護りはびりステーション」を開所いたしました。

わたし自身が、介護士、看護師、ケアマネジャーの仕事を歴任してきた経験もあり、現場を重視しています。利用者さまの使い勝手はもちろん、スタッフがいかに働きやすいかを常に考えています。また併設の居宅介護支援事業所に気軽に相談できるので自然に制度や他サービスへの理解が深まり、他事業所のケアマネジャーともより連携がとりやすくなり、訪問看護が必要なご利用者様に最適なサービスの提案・提供につながります。

スタッフの働ける日数や時間などは負担が偏らないよう業務を精査し、快適に働いていただける環境づくりを大切にしています。働きやすい訪問看護の現場に興味がある方、わたしたちと一緒に働きませんか。