• Profile

    • 奈良営業所
    • 2011年10月入社
    • 齋藤 勇気
    どんなことも全員で分かち合い、さらなる高みに突き進んでいきます。
  • 奈良営業所・ 2011年10月入社・ 齋藤 勇気 の インタビュー詳細

    略歴

    2011年10月九州営業所のオープニングスタッフとしてアルバイト入社。そこで仕事のノウハウを教えてもらい、2012年2月正社員になる。2013年には九州営業所リーダー職に昇進し、パートスタッフや部下に仕事を教える立場に。2015年奈良営業所に異動となり、2016年奈良営業所の所長に昇進し、現在に至る。

どんなことも全員で分かち合い、さらなる高みに突き進んでいきます。

Profile

  • 奈良営業所
  • 2011年10月入社
  • 齋藤 勇気

奈良営業所・ 2011年10月入社・ 齋藤 勇気 の インタビュー詳細

略歴

2011年10月九州営業所のオープニングスタッフとしてアルバイト入社。そこで仕事のノウハウを教えてもらい、2012年2月正社員になる。2013年には九州営業所リーダー職に昇進し、パートスタッフや部下に仕事を教える立場に。2015年奈良営業所に異動となり、2016年奈良営業所の所長に昇進し、現在に至る。

01.

九州営業所の設立時に入社し、2年目にはリーダーとして指導しながら出荷作業を行っていました。

専門学校を卒業後、保育士として働いていたのですが、私が目指す保育ができず、勤めていた園を退職しました。その後、派遣で紹介された精密機器の工場でSDカードやマイクロチップの製作に従事。転職活動中に「オーテック」の求人を見つけ、社員前提の募集だったことと前職の工場で物流に携わっていたこともあり入社を決めました。九州営業所は当初、設立したばかりだったので貸し出す商品も少ない状態からのスタートでした。徐々に本社から製品が運ばれ、本社から九州地方に貸し出した製品の返却先を九州営業所にすることで在庫量を増やし、九州エリアへの貸し出しは、九州営業所が担当するように。在庫が増えていくにつれ製品のことや検品作業など実務を通して仕事を覚えていきましたね。入社2年目にはリーダーに昇進し、仕事量が増えてきたこともあり、従業員を4~5名増員。若手の指導を行いながら、みんなと一緒に出荷業務を行っていました。

02.

所長になって、責任感が大きく変わった。社員にもいろんな事に挑戦してほしいと思っています。

2015年に奈良営業所に異動となり、2016年からは所長として勤務しています。所長になった時は、一番意識するようになったのが責任感です。例えば、社員から質問された時に、今までは上司に確認してくださいと言えたところが所長になればそうはいきません。責任をもって答えまで導く必要があります。私は常に経験したことがない仕事でも、頼まれた仕事は無理だと安易に判断せず、成し遂げられる計画を考えます。それは頼んだ方が私ならできる、乗り越えられると思って頼んでくれていると思うので、「できる」「できない」を簡単に決めるのではなく、できるはずだと気持ちを切り替え、行動をするんです。そう思って、行動することで、乗り越えることができる課題が増えていきますよ。未経験の業務でも自分で調べ、勉強をするうちに段々とできるようになっていくものです。その経験が今につながっていると思います。社員にも「当たり前にできることはないけど、やろうと思ったらなんだってできるんだから挑戦していこう」と言っていますね。

03.

「手をつなごう」、これが今年のスローガン。みんなで一緒に新しいことに挑戦していきましょう。

2019年のスローガンが「手をつなごう」という言葉で、誰かひとりが楽をして、誰かひとりが苦しむ状態をつくらない。苦しい時は一緒に苦しみ、楽しむ時は一緒に楽しむ。この言葉を目標に、新しいことに社員全員でチャレンジしていこうと取り組んでいます。なんでもチャレンジしていく会社の中で働くことは、結果自分の成長につながっていくはずです。また、福利厚生の一環として、3ヵ月に1度バレーボールやバトミントンなどスポーツ行事や、いちご狩りを実施。次に何がしたいか社員の意見を募って健康づくりや社員同士のコミュニケーションを取れる行事をどんどん行っています。もちろん強制ではありませんが、いつも過半数以上の社員が参加。これから働こうと思っている方の中には、子育てしながら働く方や人それぞれ仕事に対する考え方があるでしょう。面談の時に本人の希望をしっかりと聞かせていただいて、できる限り働きやすい環境をつくれるようにお話しさせていただきます。私たちと一緒に頑張っていきませんか。