ENTRY

CAREER PLAN
キャリアプラン

販売の現場を体感することから、多彩なキャリアへの道が開けます。

01. 店舗の各部門に配属Image

01. 店舗の各部門に配属

入社後は新入社員研修を経て、店舗の各部門(農産、畜産、水産、惣菜、ベーカリー、グロッサリー、住居・衣料など)へ配属されます。店舗業務で実地の経験を積むなかで、地域のお客様と直接ふれあい、商品が売れる喜び、売る難しさを学びます。さらに数字に強くなるために計数管理や売り場のつくり方などを先輩社員やインストラクターから学び、チーフとして現場をマネジメントしていく力を身につけていきます。社員教育で力を入れているのは資格の取得。通信教育にかかる費用を半額補助する制度もあり、サポート体制は万全です。衛生管理者や食品表示検定などの資格が必要になる役職もあるため、制度をうまく利用して自らが思い描くキャリアプランに積極的にアプローチしていきましょう。

また、横のつながりを大切にしてほしいという想いから、入社後3年間は同期社員を集めたフォローアップ研修を定期的に実施。現場のスタッフとして経験を積みながら、同期との交流を深めることができます。研修では人事担当者との個別面談の場も設けられているので、今後のキャリアプランや職場環境などについて相談することもできます。

02. 部門チーフとして管理能力を養うImage

02. 部門チーフとして管理能力を養う

部門に配属後、所属長やインストラクターが、本人の能力や働きぶりを勘案し、早ければ1年目の終わりにはチーフへの昇格が決まります。サブチーフとして前任チーフを支えてきた経験を活かし、パートさんの力も借りながら、部門をマネジメントしていきましょう。売場の管理や販売計画などを主導する立場ですが、困ったときは先輩社員が相談に乗ってくれるので安心です。次のステップを見据え、興味のあることにどんどんチャレンジしていくと良いでしょう。

チーフとしていっそう大切になってくるのが、売上を伸ばす以上に、どんな商品が本当にお客様の役に立つのかを本気で考えること。「あらゆる点からお客様に誠実を尽くし、お客様の幸せを追及していく」ために、常にお客様のニーズに思いをめぐらせ、誠実に行動する姿勢を示すことが、より良い売場づくりにつながっていきます。

03. 適性・能力を判断のうえ、<br>  新たなキャリアへImage

03. 適性・能力を判断のうえ、
  新たなキャリアへ

チーフとして売場、スタッフをまとめる経験を積んだ後は、本人の希望と適性を考慮し、店長、スーパーバイザー、バイヤー、人事や営業企画部といった本社スタッフなど、いっそうの活躍が期待できる職種に登用されます。

オークワには日頃の頑張りがしっかり評価される風土があり、自分でも気付いていない意外な長所が新たなポストにつながることも。たとえば、同期社員を引っ張るリーダーシップ、明るい人柄を見込まれた社員が、人事部に登用された例があります。そのほかにも、入社5年目にして50億円規模の商品仕入れを担当するバイヤーに抜擢された社員や、20代で社長室 秘書広報課にステップアップした元店舗スタッフなど、登用実績は多数。さらに近年は店長やバイヤー、商品開発といった役職に女性スタッフが登用されており、キャリアアップへの道は大きく開けています。