憧れの“観光バス運転手”…経験がなくてもなれます

あなたの夢をかなえるため、100%のサポートをします。

まずは、一歩踏み出してください。

「幼い頃から観光バスの運転手に憧れを持っていたけど、難しそうだから」といった理由で、これまで一歩踏み出せなかった方。ぜひ、『野鉄観光』に入ってきてください。弊社では、大型自動車運転免許、大型二種運転免許取得のためのバックアップだけでなく、技術・知識においても手厚くサポートする体制が整っているため、未経験スタートでも一流の観光バス運転手になることができます。実際、未経験で入ってきたメンバーもたくさんいますが、今ではみんな“どこのバス会社にも負けない”という自信とプライドを持って仕事をしています。

普通自動車運転免許をお持ちならOK。一人前に育て上げます。

観光バスに乗務するには、大型二種免許が必要です。この免許をお持ちでない方は、まず免許取得を目指していただきます。普通免許から大型免許を取得するまでは、会社の敷地内で指導運転手の指導のもと運転を練習し、大型免許を取得すれば、指導運転手が付いて公道を走る練習をしていただきます。その後、基礎知識や車両メンテナンス、実技などを身につける研修を受け、ひとり立ち。研修期間は約3ヵ月間です。これらの免許取得に要する費用は会社が負担いたします。

“観光バスの運転”に必要なスキルを余すことなく身につけられます。

観光バスは、お客様が車酔いされないよう、発車・停車はある程度ゆっくりしなければなりません。そのため、ブレーキはできるだけソフトにかける必要があります。他にも、アクセルワークやシフトチェンジなど“観光バスならではの技術”があるため、身につけなければならないことは多いですが、すべてレクチャーし、できるまで見守りますのでご安心ください。

雪道の運行にも自信がつきます。

スキー旅行などの運行では、雪道を走ります。そこで、入社してから初めて冬を迎えるメンバーを対象に[雪道研修]を実施しています。信州に行って3日間ほどかけて、雪道の上でチェーンを巻く練習や運転の練習をしていただきます。バスのタイヤは大きく、後ろのタイヤは左右2本ずつありますので、チェーンの長さや重さ、巻き方は普通車とは異なりますが、この研修を受ければテキパキとできるようになります。

毎回、安心して出発できます。

お客様がカーナビに頼る運転手の姿を見ると不安に思われますし、運転手も道を覚えようとしなくなってしまいますので、弊社は全国に観光バスを出していますが、どのバスにもカーナビは設置していません。「どうしても」という場合だけ、停車してスマホで検索するくらいに留めています。
こう聞くと、行ったことがない場所への運行に不安を感じられる方もいらっしゃるでしょう。でも、行き先・場所・ルートは、事前にきちんとお教えしますので、あまり難しく考えなくて大丈夫です。

いち早く馴染める家族的な雰囲気です。

仲間想いのスタッフがそろっていることもあり、チームワークはしっかり取れています。たとえば、誰かが新しい道を走れば、その情報を他のメンバーにすぐ共有するなど。だから、スタッフ間にカベはありません。しかも、人懐っこいメンバーばかりですので、社内はいつも和気あいあいとしています。社長も、積極的にスタッフとコミュニケーションを取っており、スタッフからの「妻と…」「子どもが…」といったプライベートの相談にも親身になって乗っています。

“長く一緒に働いていただきたい”この想いをカタチにしています。

定年までしっかり働いていただきたいですから、健康には十分注意をしてください。会社としても健康管理の一助として、年2回、健康診断(うち1回はがん検診も含む)を受けていただいています。
また、お休みの融通がききやすく、用事がある場合は申請していただければ、柔軟にお休みの調整をします。実際、「海外旅行に行くから」など、みんな気軽にお休みを取っています。

会社の利益は、スタッフに還元しています。

給与は、近隣の同業他社の中でもトップクラス。賞与の水準も高めで、業績により決算賞与の支給もありますので収入面も安心です。
あと、せっかく旅行に関する事業を手がけていますから、スタッフにも旅行を楽しんでもらいたいと思い、社員旅行にも行っています。社員旅行があるバス会社は、同業種では珍しいようです。ここ数年は海外に。この社員旅行、楽しみにしているメンバーが多く、基本的には全員参加(自由参加)です。ちなみに、旅行中の業務は系列の『クリスタル観光バス』にお願いをしていますので、みんな仕事を忘れ、大いに楽しんでいます。