求人情報

Nodecraft

Message社長メッセージ

Message from CEO

お客様の「活人化」に
大きく貢献するのは、
技術者の「人間力」です。

代表取締役

松本 健作

お困りごとに寄り添える集団になりたいとの想いを社名に込めました。

前職は機械メーカーでのシステムエンジニア(SE)です。ものづくりの可能性を徹底的に追求したいとの気持ちが募り、転職という形でも良かったかもしれませんが、会社組織に入ってしまうと物の見方が会社目線だけになりがちと感じて独立を選択しました。独立して2年間は1人で、2011年からはご縁があって集まった仲間と設立したのが「ノードクラフト」です。「ノード」には、『結節点』『いろいろなものが集まるポイント』との意味があり、「クラフト」は『技巧』や『技術者』を意味し、「お客様の製造ラインのなかでも特に重要で困難なポイントを担える会社になりたい」との想いを込めて命名。自分たちの思い通りの機械メーカーをやりたいとは思っていたものの、ここまでお客様の自動化に貢献ができる会社になるまで成長するとは設立当初は想像すらしていませんでした。

人を省かず、活かす。それが、私たちが手がける「自動化」です。

現在、日本国内の製造現場は「人手不足」が深刻な状況です。お客様先に訪問するたび、「この単純作業を何とか自動化したい」「自動化し、余剰人員を付加価値の高い作業に活用したい」といったご要望をいただきます。当社が携わる自動化はこうした状況の何よりの特効薬です。自動化はかつて省人化と呼ばれていました。しかし、人手不足の現代において人を省いている余裕はありません。人と装置とロボットが共存し、人的資源が有効活用される「活人化」が望まれる製造現場の姿です。自動化を通した活人化に私たちが深く関わることが人手不足という社会問題の解決の一助となり、お客様からの「ありがとう」の言葉にもつながります。「社会貢献」と「お客様からの感謝の言葉」。この2つこそが技術者を大きく育てる要素であると当社は考えています。

技術力よりもっと手前にある「人間力」を何よりも大事にしています。

この仕事で一番大切なのは、コミュニケーションです。お客様や同僚、協力会社との「会話」と「人間関係」が必要不可欠で、他人の責任にせず、みんなでフォローし合うといったことがベースにないとできない仕事だと思っています。やはり世の中にないものを生み出す当社の事業は新しいことに果敢に挑戦しなければいけません。各自が完成までの諸問題を考え、解決しながら進めていきますが、そのプロセスで「誰々のせいだ」という話になってしまうと、本来の論点との差異が生じてしまいます。そうした雑音を排除し、みんなで知恵を絞ってより良いものをつくり上げていく、そんな雰囲気づくりが社長である私の務め。私自身も自動化については未経験からのスタートです。経験や知識は後からついてきます。あなたの人間力を当社で大いに活用してください。