求人情報

Nodecraft

Informationインフォメーション

2021.04.25 ブログ

「Nodecraft」の意味と由来、その裏話

こんにちは。

Nodecraft = 「結節点の技工士」

関わる製造ラインで重要部位を担える
技術者でありたい

その様な想いが社名に詰まっています。
でも実はこれ。一般公募なのです。

ちょうど今から10年ほど前
社名をどうしようか?と考えていた時に
とあるサイトを見つけました。

それはマンション名や会社名など、懸賞金を掛け
一般の方から募集する事が出来るサイトでした。

当然、自分達でも社名は考えていましたが
正直どれもいまいちで、ピンときません。

そのサイトを見つけ、「これは面白そう!!」と
当時お金がなかった自分ですが、2万円の
お小遣いを使い、公募してみる事にしました。

「このたび、産業用の機械メーカーを立ち上げる事になりました
工場の製造ラインに使われる機械です。社名はカタカナで。
技術屋集団を連想させる様な・・・例えば・・・」

といった感じで、どの様な会社を立ち上げたか??
説明文を記入し、応募期限を待ちました。

結果、なんと200通を超える応募がありました。

メカクリオ ・ アソシオ ・ E'S ・ アデック  ・ ビバテック
マニュアルライン ・ グッドワークス ・テクリア ・ サンキエース・・・

へぇ~。あれ??ふと気が付くと、ダイレクトメッセージに書き込みが・・

「今回、あなた様の案件を拝見し、どうしても以下の案を
提示させて頂きたく、コンタクトさせて頂きました。

提案名:ノードクラフト

産業機械は、大きな産業工程の中で各工程ごとの
「結節点」としての重量なポジションを担っていることから
個々の機械を「ノード」として表現し、そこにそれらを
設計製造される御社のミッション=「クラフト」という名詞を
繋げたネーミングを考案してみました。」

応募可能条件で「過去に採用実績のある方のみ」
という条件を付けており、その条件に満たない方からの
メッセージでした。

響きも良く我々の仕事も非常に理解して頂いていたので
メンバーと相談しこの社名に決めた記憶が強くあります。

この方とは、このとき以来、連絡は出来ていませんが
いつか?どこかで??弊社の名前を見かけて
もしお会いする事ができたら?
それを夢見ています!!