スタッフインタビュー

社員の成長を第一に考えてくれる会社で、信頼される社員に

宮地
チームクオリティ課(ライフアップ担当) 2年目
家を建てることがゴールじゃない。快適な住まいを守り続けていくために。

もともと営業職を希望していました。せっかく人と関わるなら真剣に向き合いたい。その考えで、「一生に一度の家づくり」ができる建設業に興味を持ちました。
その中でも都田建設を選んだのは、新規の契約をとるよりも、契約後のサポートに力を入れていると聞いたから。お客様をとても大切にしていると感じ、ここで働きたいと思ったんです。
家づくりは家を建てることがゴールではなく、この先何十年も住む環境を守り続けることまで考える必要があります。そこで重要になってくるのが、住まい完成後のアフターフォロー。点検を行ったり不具合を直したりといったことだけではありません。生活をより良くするために、お引渡し後のさまざまな相談に乗ることも仕事の一つ。快適に暮らせるように支えていくのが「ライフアップ担当」の役目です。
例えば部屋を明るくしたいと言われたら“カーテンの色を変えてみるのはどうでしょう”とアドバイスしたり、収納に困っている方には“棚をつけませんか?”と勧めたり。お客様の希望やライフスタイルに合わせて提案しています。

先輩やお客様から学びながら成長していける

松下
スタイリング課(設計) 1年目
都田建設で家を建てたお客様の笑顔がとても印象的でした。

高校卒業後に11年ほど浜松を離れていましたが、地元に戻ることに。ずっと建築業界で働いていたので、経験が活かせる職場を探していました。
この会社に決めたきっかけは、実際の施行例やお客様からの声をホームページで見たこと。建てたお家が素敵なだけでなく、お客様の笑顔がとても印象的で、ここで働いてみたいと思ったんです。
現在私が任されているお仕事は、データの入力や見積もり・外観パースの作成など。見学会やセミナーでお客様をお迎えしたり、お客様とのお家づくりに関する打ち合わせに同席したりと、人と関わる業務も多いですね。
入社後はCAD操作の練習からスタート。今まで使っていたソフトとは違ったため、練習用の図面と同じように入力するということを何件も繰り返しました。どこに時間がかかるのか、どこで躓いてしまうのかを考え、一つずつクリアしながら進んでいきました。

「より良い暮らし」のきっかけづくり

白井
インテリア課 3年目
北欧のライフスタイルを体験できる空間で、10年・20年先の暮らしを考える。

都田建設がプロデュースしているインテリアショップ<ドロフィーズ>は、スローライフ・オーガニックな暮らし方といった、北欧のライフスタイルを体験できる空間。本屋・ワインギャラリー・カフェレストランなど、3000坪の敷地の中に大小さまざまな施設が点在しています。
私はその中で、雑貨や家具、カーテンの提案をしていますが、ただ販売するだけではありません。“インテリアアーティスト”の仕事は、お客様の暮らしがより良くなるようお手伝いをすること。10年・20年先の生活を考えながら、環境や身体に優しい食品、飽きることなく長く大切に使って頂ける商品をご紹介しています。

お客様と描く理想の住まい

山田
品質向上スタッフ 11年目

図面づくりにも一つひとつの声を活かしています。

一生一度の買い物といえば、真っ先に思いつくのが“マイホーム”。家づくりは人生のビッグイベントだからこそ、お客様と二人三脚で取り組んでいます。そのため連絡を取り合う頻度が高く、密にコミュニケーションをとっていますね。ご希望を隅々まで取り入れた住まいが完成すると、喜びもひとしおです。お客様に心から満足していただきたい。その一心でまっすぐに仕事ができる会社だと思います。建築業界未経験の方でも、きちんと育ててくれる環境が整っていますので安心して来てほしいですね。

家のすべてをプロデュース

野中
スタイリング課リーダー 7年目

100%注文住宅だから、どこまでもこだわって一緒につくり上げたい。

私たちの作る家には、同じものはありません。なぜなら、家族のぶんだけ住まいの理想像があり、そしてライフスタイルがあるからです。そのため私たちは、お客様との会話を非常に重視しています。設計の仕事というと黙々と図面を書くイメージがあるかもしれませんが、ここではお客様と接する機会が頻繁にあり接客的な要素が多いんです。お客様の声を確りとお聞きして求めるものをカタチにしていく。
想いの詰まったより良い暮らしのサポートをさせて頂く事にやりがいを感じます。