スタッフインタビュー詳細

一緒により良い職場をつくっていきましょう

加藤夕子さん
入社:平成16年7月
雇用形態:正社員
所属:らいふリハ大沢
役職:デイサービス部門 リーダー
最初のステップにオススメ

平成16年に入社し、 一日型のデイサービスで勤務。18年に‘ケアセンターつどい『せんげん台』’へ異動となり数年後に施設長へステップアップしました。現在働いている‘らいふリハ大沢’にはオープンのときから関わっています。

現役スタッフは10名で、看護師2名、機能訓練士2名、あとは介護士です。女性、特に主婦の方が多い職場で、みんな明るくテキパキと仕事を進めてくれます。
リハビリに特化した施設のため、食事や入浴の介助がないんです。また比較的元気な方が利用されているのでリハビリというよりも運動という感じ。だからご利用者様と一緒に楽しく元気に過ごせます。そのため定着率が高く、オープンから働いてくれている人が大半を占めますね。未経験から介護業界に挑戦したいと考えている方には、最初のハードルとしておススメできるのではないかと思っています。

実際、平成25年に‘らいふリハ大沢’がオープンしたときは、私以外全員が未経験。でも今は立派な戦力となってくれていますよ。基本から教えるのでぜひ一緒に働きましょう。

育児中の方もたくさん活躍しています

お子さんのいる人が多く、急なお休みなどはみんなで助け合ってシフトをフォローしています。

職場に迷惑がかかるんじゃないかと思って、家族の体調不良時もなかなか言い出せないことってありますよね。でもスタッフの心身が元気であってこそ、良いサービスが提供できると考えています。ですから遠慮せずにお休みしてほしいですね。そして復活したらバリバリ働いて、今度はほかのスタッフがピンチの時にサポートする。「お互い様」の精神で、みんなで支えあっていきたいです。

働きやすい職場は、スタッフ自身がつくるもの

ご利用者様の情報は、どの施設も逐一もらさず共有するようにしています。1日2回のミーティングで情報把握を徹底。パソコンやファイリングなどで個人情報を厳重に管理しています。新しい情報が入れば更新していき、誰に何を聞いてもわかるようにしているのが特徴です。

また月に1回フロアミーティングを開催し情報認識の均衡化をはかります。その場で建設的な意見が出れば議論し、業務改善につながりそうな案は積極的に採用。全体ミーティングも実施し、全員の意識統一を目指します。
働きやすい職場は、スタッフ一人ひとりがつくりあげるもの。遠慮せずにどんどん発言してくださいね。

ご利用者様の元気な姿がヤリガイに

ホームとは違いリハビリ施設ですから、ご利用者様に卒業していただくのが最終目標です。

ある時、卒業しようかしまいか悩んでいるご利用者様がいらっしゃいました。ですので、ここにくる目標はなんだったのか一緒に考えたんです。そしたらグランドゴルフをやりたかった、旅行したかった、あれしたかった、これしたかった・・・、全部あげてみたら、もうみんなかなえられていたんですよ。だったら自信をもって卒業していいんじゃないですか、と背中を押したことがありました。

やっぱり利用される方が回を重ねるたびに少しずつ元気になり、できることが増えるようになるのを見ていると嬉しくなりますね。これこそが私たちのヤリガイなのだと思っています。

一覧ページへ