109シネマズ菖蒲 スタッフインタビュー

飯塚 薫 さん
109シネマズ菖蒲

接客・販売スタッフ

飯塚 薫さん

自宅の近くに映画館ができたと知り、2009年に109シネマズ菖蒲でアルバイトとして入社。前職の接客業で身につけたコミュニケーション力を活かし、忙しいときも笑顔を欠かさずに活躍している。現在は、アシスタントマネージャーに昇格し、新人アルバイトの教育も担当。

お仕事について教えてください!
img

映画館の仕事は、チケット販売、受付、フロアでの接客やチケットのもぎりなど。あと、館内にある売店のことを“コンセッション”と呼ぶのですが、そこでフード商品の販売と調理補助もあります。そして映画好きなら一度はやってみたいと思う、映写関連の業務。経験を積んだ方には、この重要なポジションも任されます。入社後は、私が仕事の流れをお教えいたしますので、未経験の方も安心してくださいね!

このお店の魅力はなんですか?
img

接客から映写業務までいろいろなポジションがありますが、どれに携わっていても本当に楽しいです。まさに “映画館の裏側を支えている”というやりがいこそが、仕事の醍醐味といっても過言ではありません。映画館は大勢のスタッフが動いて運営が成り立っているので、そのスケールの大きさはここでしか味わえないと思います。和気あいあいとした雰囲気があって、毎日居て飽きない職場ですね。

心に残るエピソードを聞かせてください!
img

以前、お客様から「最近の映画でオススメありますか?」と聞かれたことがあって、率直に自分が最近面白かったものをお教えしたんです。するとそのお客様は実際にその映画を鑑賞してくださって。さらに、お帰りの際には「とても良かったよ」と言っていただけて嬉しかったですね。映画館にはこうした人と人とのふれあいから感じる喜びがたくさんあります。

最後に、これを読んでいる方に向けてメッセージを!

大型ショッピングモール内にある映画館なので、地域に密着した劇場でありたいと思っています。自分の名前を覚えていただけたり、気軽にお声をかけてくださったり。そんなふうに顔見知りになれるお客様をどんどん増やし、気軽に利用していただけるよう目指していきたいです。映画館は“観に行く場所”としても、“働きに行く場所”としても楽しい空間なので、ぜひ興味が沸いた方は応募してくださいね!