スタッフインタビュー

清掃の仕事は成果がわかりやすい。それがやる気につながる。

春名 孝廣
<2012年入社>
業務部係長
ムダなく動き、物音を立てず、清掃していると感じさせないような、「キレイ」を提供したい。

同級生の当社取締役の眞茅が声をかけてくれたのが入社のきっかけです。面接の際に社長の人柄と、眞茅自身のやる気が伝わり、キレイなオフィスなど働きやすそうな環境だと感じて入社を決めました。職場の雰囲気は、とても朗らかで、ギスギスとは無縁の世界です。ピンチのときも冗談を飛ばし合いながらみんなで乗り越えています。現場担当者では私が最年少ですが、当社は年齢や経験に関係なく意見を言いやすく、いい提案なら採用・反映してもらえる風通しの良さが魅力です。とはいえ、入社当初は自分より年上のパートスタッフとのコミュニケーションを取ることに対して緊張感がありました。しかし、行ってくれた仕事に対し感謝の気持ちを伝え、言うべきことはしっかりと言うということを幾度と重ねていくうちに信頼関係の深まりを実感。これからもパートスタッフが気持ち良く働ける環境づくりを進めていきます。

清掃の仕事は、自分自身の心まで磨いてくれます。

福本 阿弥子
<2014年入社>
ホテル部
客室清掃担当
清掃漏れを防ぐストッパー。ホテル様からの評価とメイクさんのスキルアップがやりがい。

家事としての掃除が好きでしたし、ホテル内の客室清掃ということで、安心感もありましたので、構えることなく応募しました。メンテナンスケアは、何社か面接を受けた中でも、皆さんの対応が一番良く、仕事がやりやすそうだと想い、「こちらでお世話になりたい」という気持ちが面接中からどんどん強くなっていきました。最初はベッドメイクの仕事を教えてもらい、今はチェッカー(客室点検業務)をしています。キレイにすることはもちろんですが、指定される時間にきっちり仕上げること、ミスのないよう周りのスタッフと声をかけ合って確認し合うこと、コミュニケーションが何より大切だと思います。チェッカーとして、教えているメイクさんが成長していく姿を見たときや、担当しているホテル様からプラスの評価をいただけたときがやりがいを実感するときです。今後はより質の高い清掃を心がけ、宿泊された方から「あのホテルはいつもキレイだね」とホテル様自体の評判がより高くなるようなお手伝いができればと思っています。

掃除し終えたところを見ると、自分の心も洗われます。

米田 さとみ
<2013年入社>
日常清掃
クリーンスタッフ
身体を動かして働くことで、心身ともに元気に!これからもずっと長く続けたい。

入社のきっかけはメンテナンスケアに勤務していた友人の紹介でした。
私は結婚前に6年間、美容師として美容院で働いていました。
その後は子育てや、夫が経営する事業の手伝いに追われ、「外」を知らずにすごしていました。ですが「外で働きたい!」と思うようになっていた頃に、友人から「清掃の仕事なら未経験でも働けると思うよ」とメンテナンスケアを紹介してもらい、入社しました。
その後2年間勤務し、事情があり退職しましたが、「もう一度清掃の仕事がしたい」という私の想いをメンテナンスケアは快く受け入れてくれ、再度入社しました。再入社してからは、身体を動かして働くことの楽しさ、清掃後の気持ち良さを日々実感しています。これからも清掃の仕事をできる限り長く続け、一所懸命「キレイ」をお届けしていくことが目標です。