スタッフインタビュー詳細

バックアップ体制が整った環境だから、子育てと両立しながら好きな仕事に打ち込めます。

三宅 有紀子
福生紀水苑 
介護職 パート
2014年入社
子育てを中心に考え、好きな仕事を続ける道を選択。

福祉の短大を卒業して、特養で10年少し働いていました。管理職を務めていたんですが、上の子の出産を機に退職。ちょうど特養じゃないところでも働いてみたいと思っていたので、サ高住の「福生紀水苑」がオープンすると聞き興味を持って応募しました。今までの自分の経験を施設の立ち上げから生かしてみたいという思いもありましたね。子育てを中心に考えて特養を辞めたので、パートで入社して週4~3日、9~16時で働いています。3年働いて2人目ができたとき、パートなので産休・育休はもらえないと思っていたんですが、いただけて。しっかりバックアップしてもらったので戻ってくることができて、ありがたいなぁと思います。どのお仕事でも子どもを抱えながら働くのは大変だと思いますが、ここはほかにも働くママさんがいますし、子どもの体調でお休みや早退ができたり職員同士の信頼関係もできていて働きやすい職場かなと思います。小さいお子さんがいる方だけじゃなく、育児を卒業した方や体力に自信がない方もいて、時間の融通がきくのが大きいですね。午前だけ・午後だけなど短時間で来ている方もいます。希望に沿った働き方ができるのも、長く続けられている理由の1つですね。今はまだできる範囲でできることをするだけですが、子どもの手が離れてきたらまたいつか社員でできる日が来ればいいなと思っています。

技術よりも必要なもの。それは、相手への思いやりと笑顔。

福祉の道を志そうと思ったきっかけは、高校生のころにボランティアで老人ホームに行ったこと。車椅子に座っているおじいちゃんがいて何を言っても反応がなかったんですが、歌の出し物をしたら一緒に口ずさんでくれて。その光景が自分の中に残っていて、快感というか喜びを得たんですよね。英語コースの高校に通っていたので急に福祉に行くと言って先生を困らせましたが(笑)、1人でも多くの方に喜んでもらえたらと、福祉を仕事にしようと思いました。
特養のときからずっと心がけているのは、思いやりの心と笑顔です。利用者さんだけじゃなく職員同士でも笑顔で接することは必要だと思うので、それが自分のモットーになっています。仕事のやりがいもまた、利用者さんとの信頼関係の中から生まれる笑顔です。誰にでも見せてくれるわけではない笑顔を引き出せたときは、うれしいですね。試行錯誤をしながら利用者さんと接しているので、ささいなことだとしても何かがうまくいって喜んでもらえることが仕事を続ける喜びになっています。
20歳のころから足を踏み入れてもう17年。続けられているのは、この仕事が好きだから。私に合っているし、利用者さんと関わっている中で自分が教えてもらって成長する部分もあります。人が好きでやさしい心を持った方なら、技術や経験は必要ありません。ここはざっくばらんに話せるスタッフが多くて、何か困ったことがあれば助けてくれる仲間がいます。技術面が不安だという方も経験豊富なスタッフとともに成長していけるので、この仕事が好き、やってみたいという方は、一緒に頑張っていきましょう!

一覧ページへ