スタッフインタビュー詳細

技術面でも精神面でも経験を積み、成長していきたい。雰囲気のいい職場だから安心して働けます。

東 祐吾
福生紀水苑 
介護職 正社員
2017年入社
利用者さんの笑顔を1つでも増やしてきたい。

福祉系の短大出身なのですが、元々大和リビングケア株式会社で働いていた方が先生にいらして。上京して経験を積みたいという僕に、「たくさん施設を展開していて経験豊富な方もいるここなら経験が積める、若くして苑長になった人もいるから」と勧めてもらったのがきっかけです。
入社してすぐは毎日1人の先輩が付き添ってくれて、3ヶ月~半年かけて1つひとつ仕事を教えてくれました。付きっきりの安心感がありましたね。学校の実習と現場は全然違って、違うというか学校は基礎で現場は応用という感じなのですが、こうした方が利用者さんも自分ももっと負担が少なかったんだなと新しい発見もたくさんありました。技術面でも精神面でも大きな経験をさせてもらっていると感じます。
やりがいを感じるのは、利用者さんの笑顔を見るとき。笑顔が大事だと思うので、1日1回でも笑ってもらえればうれしいです。普段世間話をしていても笑顔は出るんですが、2年目の4月から利用者さんの外出を企画する担当なので、外出したときに笑顔を見られれば良かったなと思います。居室内にいると外出の機会がどうしても少なくなるので、利用者さんの目線で1つでも楽しみを増やせたらいいなと思います。

雰囲気がいいと仕事も楽しい。苑長を目指して頑張っています。

職場の雰囲気は、ひと言で言うと楽しいです。ピリピリしている職場はやりづらいと思いますが、ここは職員さんも笑顔ですし、お昼ご飯も一緒に行ったりコミュニケーションが取れているので仕事がしやすいですね。熊本から出てきて今1人暮らしなんですが、入社してすぐに皆さん話しかけてくれて、家や食事のことも心配してくれる“東京のお母さん”がいっぱいいます(笑)。上の方たちとも話せる機会があり、声をかけてくださったり気軽に相談できるのですごく働きやすいです。
これからの目標は、苑長です。現苑長も若くして苑長になっているので、最終的にはそこまでいきたいです。やはり苑長や先輩方を見ていて、1つのことに対してテクニックもそうですが考え方であったり3~4通りのやり方を持っているのが、すごいなと思います。それで後輩も見てくれていて、ミスしても一緒に考えてくれるんですよね。ただ怒られると次に進みにくいですが、間違えた原因から考えてくれるので、へこたれずに次は頑張らないとと思えます。まずはもっと視野を広げ、効率も意識して仕事をしていきたいです。

一覧ページへ