スタッフインタビュー詳細

パート入社から苑長へ。周囲のサポートと評価してくれる体制があったから続けてこられました。

浅野 光太
立川紀水苑
管理者
2007年入社
周囲の助けも借りながら、27歳で施設のトップに。

介護の仕事をはじめたのは愛知県にいたとき。有料老人ホームでアルバイトをしていました。紀水苑で働きはじめたのは、上京して介護の仕事に就こうと思ったときに、中学生まで住んでいた東久留米市で有料老人ホームを探そうと思ったからです。「紀水苑東久留米」にパートで入社し、翌年、結婚するタイミングで社員にしてもらいました。人員が少なかったこともあって、副主任、主任と引き上げてもらい、入社から4年ほど経った27歳のとき、苑長に。実は2回断っていたので、「できるのかな?」というのが率直な気持ちでしたが、新しく来る苑長は現場のことが分からないと聞き、それなら現場に入っている私が、と引き受けました。今思えば会社側の作戦だったのかもしれませんが(笑)、当時は若かったですし「何とかなるだろう」とスタートしました。勤務表をつくったり、売上などの数字管理や営業活動など、管理業務の経験がなかったので最初は大変でしたね。佐賀の本社に戻られた前任者と電話やメールでやり取りしながら進め、月に1回は本社で行われる会議で分からないことを聞きながら、何とかやっていった感じです。今は関東に施設も増えて本社とはTV会議をするようになったのですが、上司や先輩に恵まれてフォローしてもらえたから続けられたんだと思います。

ご自分らしく過ごしていただくために、委員会を設けて活動。

苑長として「福生紀水苑」に異動してから約1年半。経営会議に参加したり東京都と書類をやり取りしたりとさまざまな業務がある中で、自ら営業活動をして入居が決まりすべての部屋が埋まることに現場とはまた異なるやりがいを感じています。本社の役員とも距離が近く何かあれば電話で相談できるので、離れている不便さよりも責任を持って自由にやらせてもらえる魅力の方が大きいですね。
「福生紀水苑」はサービス付き高齢者向け住宅のため介護度の低い方が多く、皆さん自由に生活されていますが、やはり一番はご自分らしく過ごしていただきたいということ。1人では外出が難しい方もご家族とお話して、たとえば4月はみんなでお花見、5月はバラを見に行き、6月は外食に、となるべく外に出て季節を感じてもらえるようにしています。そういったことを叶えるために、行事やイベントについては利用者満足委員会を設けて活動しています。また月に1~2回は、介護力向上委員会が研修内容を決め、たとえば認知症や接遇などテーマを設けて研修を行っています。研修が終わった後はみんなでご飯に行ったり、コミュニケーションも取れている職場だと思います。自分たちで考えて行動できるスタッフが多いですね。明るく元気に楽しく取り組んでくれる方なら大歓迎。技術云々よりも、入居者さまへの接し方や言葉づかいを大切にしてもらえたらと思います。基本的には希望した休みを取れますし融通のきく職場なので、もし迷われている方がいたらぜひ雰囲気だけでも感じに来てください。

一覧ページへ