利用者さまとスタッフ、そして地域のご縁を繋ぐ。そんな存在として、東池袋桑の実園は誕生しました

社会福祉法人桑の実園福祉会は、兵庫県たつの市において30年以上にわたり「利用者様本位」の立場にたった様々な介護事業を運営しております。平成27年11月には初の県外への事業展開をはかり、東京都豊島区東池袋エリアに特別養護老人ホーム 東池袋桑の実園を開設いたしました。

利用者さまの多くは地元・豊島区内にお住まいの方々。
私たちは、家族・地域ぐるみで高齢の方々の充実した生活実現に力を尽くし、また、すべての利用者さまとそのご家族だけではなく、地域コミュニティにも貢献していく施設を目指しています。

安全面や業務の都合上、どうしても介護の現場は閉じられた世界になってしまいがちです。
しかし、私たちは積極的に「利用者さまの自主性の尊重」と「地域の方々との交流」を行い、開かれた施設作りへの取り組みを行っています。
また、ユニットごとの自由度も高く、「利用者さまにとって最善の環境」のご提案・ご提供に特に力を入れていることも特徴です。

私たちは、スタッフが「働きやすい職場環境づくり」の実現にも力を注いでいます。
施設内託児所の設置、時短勤務、ユニット型入居施設など、スタッフの「こうだったらいいな」「こんな施設があったらいいな」に真摯に向き合い、実行に移しています。
施設長や上席者にも意見を伝えやすく、スタッフ一人ひとりが自分の職務に集中して取り組むことができる。
介護業界で頑張り続けるスタッフたちが、本当の意味での「やりがい」を実感できる。
そんな施設を作り、さらに発展させていくために、私たちは新しい力を求めています。

利用者さまともっと密にコミュニケーションを取りたい、子育てと仕事を両立したい、地域に貢献したい、より良い人間関係の施設で働きたい。
あなたの求めている「理想の働き方」を、私たちと一緒に実現させてみませんか?

新着情報