山﨑運転士
自動車事業部/路線バス運転士/2015年入社

「なんでも気兼ねなく話せる」そんな仲間たちがいるから自分も長く勤めてこれました。

熊本電鉄でバス運転手として働くことになったきっかけは?

私は熊本電鉄で働くまでは郵便局で配達の仕事をしていました。配達の仕事を選んだのは車の運転が好きだったからなんです。車好きが高じてプライベートでも車のイベントに参加したりしていて、そこで熊本にも足を運んでいました。
私自身、四国の愛媛出身なので熊本はフェリーで1時間弱ですし、四国と九州ですがそこまで遠いと感じていませんでした。あと熊本は自然豊かで人も温かい良いところだって印象も持っていました。そんな時にイベントに一緒に参加する友人から「バス運転手になってみたら」の一言が転職を考えるきっかけになりました。その時にちょうど熊本電鉄の求人票を見つけて応募しました。面接を受けた後に面接官から「もし時間があれば明日、配属先になる営業所の見学に来ませんか」と提案があって見学に行きました。営業所で働く運転手さん達が温かく迎え入れてくれてその時の印象が入社を決めるもう一つの大きなきっかけだったと思います。実はもう1社候補のバス会社があったのですが、見学に行った後は熊本電鉄以外考えられなかったです。

未経験からバス運転手になるまでの道のりで苦労したことは何ですか?

私は大型二種免許を長野県の免許合宿で取得しました。まず一番苦労したのは車両感覚を掴むことですね。乗用車と車幅ももちろん違いますし、タイヤの位置も違うのでハンドルを切る位置ももちろん異なります。その感覚に慣れるまでが非常に苦労しました。熊本電鉄のバス運転手として働くようになった今でも狭い道での離合の瞬間に改めて難しいなと感じる時があります。
そう感じた時にすぐに相談できるベテランの運転手も営業所にたくさんいるので、ちょっとしたコツやアドバイスをもらって私も日々運転技術を磨いています。

熊本電鉄の魅力はどのようなところだと思いますか?

良い意味で「雰囲気が緩い」と感じますね。
あくまで昔のバス会社のイメージにあるような上下関係が厳格な体育会系のイメージと異なるということです。
もちろんオンオフの切り替えはきっちりしていますし、個人的には運転技術を磨かないといけないところもまだまだあるので、時に指導運転士から指導を受けるときもあります。しかし、普段の営業所内の人間関係は非常に居心地が良いと感じます。人間関係が良いので、その部分のストレスはありませんので精神的にも非常に良い環境だと感じます。

やりがいを感じる瞬間はどのようなところですか?

お客様から「ありがとう」の言葉をいただいたり、お茶やお菓子をいただくこともあります。
そんな時に嬉しい気持ちになると同時に、「プロのバス運転手」としての自分の仕事をご評価をいただけたことにやりがいを感じますね。社内で運転技術の向上を認めて頂くことはもちろん嬉しいのですが、実際にご利用いただくお客様からのお声はそれ以上に嬉しく自身の運転技術向上のモチベーションアップにもつながっています。。

入社を考えていらっしゃる応募者さんへのメッセージをお願いします。

まず、熊本はとっても良いところです!自然は豊かですし、熊本で暮らす人たちは温かい人が多いです。もちろん大都会という訳ではありませんが、営業所や寮からでもスーパーやコンビニ、飲食店などへもすぐ行けますし、生活には全く困りません。
そして、なんといっても熊本電鉄で働く同僚たちはすごく気さくな良い人が多いと思います。バス運転手の仕事は拘束時間も長く体的にきつい場面もありますし、お客様にお叱りを受ける場面もあると思います。だけど、私も含め同僚達が何でも相談にのりますし、プライベートなことも気さくに話せる仲間たちがいます。個人的にも、見学に行った時から現在まで楽しく面白い人たちがたくさんいるという印象は変わっていません。
最後に、車好き、運転好きにはバス運転手は天職だと思います。
ぜひ一緒に働きましょう!

一覧ページへ