牧瀬運転士
自動車事業部/指導運転士/1983年入社

自分を頼ってくれる同僚の存在が、定年後も仕事を続けようと思った一番の理由です。

熊本電鉄でバス運転手として働くことになったきっかけは?

熊本電鉄に入社する前は機械部品関係の配達の仕事をしていました。その時の配達先として熊本電鉄に出入りしていた時、「ウチで働いてみない?」と声をかけて頂いたのがきっかけです。バスの運転手は当時とても人気で、人を乗せて運転する仕事に憧れがあったので嬉しかったです。自宅からも近くて、いつも身近な存在だった事も大きな決め手でしたね。
当時は地域の道を覚えるために、まずはタクシー運転手からのスタートだったので、まずタクシーに乗るための普通二種免許を取得しましたが、まだ入社までに1カ月間の時間があったので、バスに乗るための大型二種免許も取ってしまいました。当時、教習所には通わずに試験のみを受ける形、いわゆる一発試験で期間も1か月以内で取得することは不可能だといわれていたので、入社した際に大型二種免許を取得してきたことに驚かれましたね!

大石運転士
自動車事業部/路線バス運転士/2010年入社

人生は一度きりだから、やりたい事をやってみようと思ってバス運転手になりました。

熊本電鉄でバス運転手として働くことになったきっかけは?

高校卒業から10年ほど、電装品やエアコン修理などを行っている会社で簡単な経理などの総合事務をしていました。3人目を妊娠した時に産休を取ろうと思ったところ、会社都合で産休の取得が難しくなり退職することになりました。出産後はパートでの勤務をスタートしましたが、正社員とは違いどこか物足りなさを感じていながら働いていました。
そして、以前から車の運転が好きで、大きい車を運転している人をかっこいいなと感じながらも、トラック運転手はどこか「男の仕事」だと思っていました。そんな時に、熊本電鉄の「女性バス運転手」の姿を見かけて、「1人でも女性がいるなら、大丈夫かも!」という安心感があったのも後押しになって一生に一度だからやりたい事をやってみようと思って応募したことがきっかけですね。

山﨑運転士
自動車事業部/路線バス運転士/2015年入社

「なんでも気兼ねなく話せる」そんな仲間たちがいるから自分も長く勤めてこれました。

熊本電鉄でバス運転手として働くことになったきっかけは?

私は熊本電鉄で働くまでは郵便局で配達の仕事をしていました。配達の仕事を選んだのは車の運転が好きだったからなんです。車好きが高じてプライベートでも車のイベントに参加したりしていて、そこで熊本にも足を運んでいました。
私自身、四国の愛媛出身なので熊本はフェリーで1時間弱ですし、四国と九州ですがそこまで遠いと感じていませんでした。あと熊本は自然豊かで人も温かい良いところだって印象も持っていました。そんな時にイベントに一緒に参加する友人から「バス運転手になってみたら」の一言が転職を考えるきっかけになりました。その時にちょうど熊本電鉄の求人票を見つけて応募しました。面接を受けた後に面接官から「もし時間があれば明日、配属先になる営業所の見学に来ませんか」と提案があって見学に行きました。営業所で働く運転手さん達が温かく迎え入れてくれてその時の印象が入社を決めるもう一つの大きなきっかけだったと思います。実はもう1社候補のバス会社があったのですが、見学に行った後は熊本電鉄以外考えられなかったです。