スタッフインタビュー

Interview
#01

お客様とともに住まいを作り上げる。それが設計営業の醍醐味です。

井藤 優作
注文住宅部 設計営業

高校時代から建築業界を志望しており、大学を卒業後、高栄ホームに入社。設計営業として注文住宅を担当し、日々お客様のニーズに向き合っている。4年目を迎えた現在は、管理職を目指して奮闘中。

風通しの良い職場環境に惹かれ、高栄ホームに入社。
高栄ホームには、新卒で入社して4年目です。学生時代の就職活動では、当初から住宅業界を志望していたこともあり、企業選びの判断材料になったのは、仕事をしやすい環境があるかどうかということ。その点、高栄ホームは、説明会でも社長と社員が気さくに会話する様子が見られるなど、職場内に垣根がないことがよくわかる会社でした。実際に入社してからも、説明会や選考の際に受けたイメージ通り、風通しの良さを感じながら働くことができています。

現在、所属しているのは注文住宅部。住宅の設計を行いつつ、お客様対応も担う設計営業として勤務しています。本来であれば独立している二つの役割を一手に引き受けるだけに、たいへんな部分があるのは事実ですが、お客様の家づくりに一貫して関わることができるぶん、大きなやりがいを感じられる仕事です。また、設計と営業、それぞれの領域について理解を深めていくので、おのずと知識量が増えてくるのも特色。住宅販売に携わるうえで欠かせない土地、建物、お金に関するノウハウを一連の流れのなかから身につけられる環境です。お客様との打ち合わせの場で技術的な質問があっても、回答を保留することなくスピーディな対応ができるのは、設計営業の大きな強みだと感じています。
一つひとつの不安を丁寧にお聞きすることで、信頼関係を形づくる。
私が仕事をするうえで大切にしているのは、とにかくお客様の話を聞くことです。たとえばクレーム一つにしても、ただ謝罪して収拾をつけるのではなく「どこが悪かったですか?」と、その理由をきちんと尋ねるようにしています。クレームをいただいている立場上、聞きづらいところではありますが、お客様と問題点を共有しないことには、改善の方法自体に誤りが生じ、余計なご迷惑をかけてしまいかねません。だからまずは話を聞き、不安を一つずつ解消していく。この姿勢を徹底した結果、何度かクレームをいただいていたお客様の信頼を回復し、「井藤さんが担当で良かった」というお言葉までちょうだいできたときは、涙が出るほどうれしかったです。そのお客様とは当社で実施しているインタビュー取材にも応じていただくなど、引き渡し以後もお付き合いが続いています。

一方で、この仕事を始めて痛感したのは、設計にあたっての制約が多いこと。学生時代の設計実習ではさほど考慮されていませんでしたが、建ぺい率、容積率、用途地域など、実務においては、法律で定められたさまざまなハードルをクリアする必要がありました。特に建て替え物件の場合は、建て替え前よりも規制が強化されていることがほとんど。場合によっては、敷地が狭くなるといったことも考えられます。実際、私が初めて担当した物件がまさにその例にあたり、お客様にご納得いただくまで何度も打ち合わせを行うことになりました。しかし、そこで「これは何で?」と繰り返し問われたからこそ、お客様への接し方、法律に関する知識といった面で成長できたのだと思います。
家づくりはお客様との共同作業。
この業界で営業をしていれば、誰もが感じることだとは思いますが、やはりお客様の家が無事に完工したときには、大きなやりがいがあります。扱っている商品が注文住宅ということもあり、「梁を見せたい」「広い土間収納がほしい」といった、一つひとつのこだわりを実現していく過程では、そこに込められた想いに感情移入することもしばしば。お客様と一緒に家を作り上げる感覚を持ちつつ仕事ができるのは、設計営業ならではの醍醐味だと思います。

私たちの務めは、家づくりにトータルで関わりながら、お客様に少しでもご満足いただくこと。幅広いスキルを身につけなければなりませんが、そこにやりがいを見出せるかどうかが重要になってきます。今後、高栄ホームの設計営業を目指される方にも、あらゆることをどん欲に吸収する姿勢を大切にしてほしいですね。現在、注文住宅部のメンバーは係長以下6名。年齢的にも20代、30代が多く、わからないことは一緒に解決していくスタイルで業務を進めているので、意欲があればどんどん成長していける環境だと思います。

Schedule一日の流れ

9:00 出勤・清掃・朝礼
出勤し、20分間の清掃。続いて朝礼と業務の進捗報告を行います。
9:40 現場確認
平日の午前は、現場の確認・調査に出向く場合が多くなります。
12:00 休憩
昼休憩は日によって外食になることも。
13:30 資料作成
お客様との打ち合わせに必要な資料を作成します。
16:00 お客様へのご連絡
夕方になると、お客様へのご連絡、資料の送付などを行います。
18:00 業務まとめ
当日の業務のまとめ、翌日の準備にあたります。
18:30 退勤
一日の業務が終了。お疲れさまでした。