先輩方は根気よく丁寧に教えてくれます。

加藤 直義

前職はタンクローリーの運転手。
一念発起し大型二種免許を取得。
2018年1月に入社。

なぜバス運転手になろうとしたのですか?

子供のころからの憧れがあった。
50歳を過ぎてからのチャレンジだったので勇気がいったが、家族が応援してくれた。
また、やりたいという気持ちに会社も受け入れてくれました。
春日部観光バスに入社したのはクレヨンしんちゃん号に乗ってみたいと思ったからです!笑

職場の雰囲気は?

職場の方はみなすごく親切です。
先輩方は根気よく丁寧に教えてくれます。
自分も入る前はどんな会社なんだろうと正直不安でしたが、今はこの職場にすごく感謝しています。

研修期間はどのように過ごしましたか?

研修期間は約3ヶ月。色々な先輩に同乗していただき指導していただきました。
一人の教官ではなくいろいろな方の意見が聞けるのでいいとこどり出来ます!
運転も最初は送迎から走ります。決められたルートを運行することで大型バスの運転に慣れていきました。

業務で大切にしていることは?

挨拶。
朝の出社時の挨拶はもちろん、お客様への挨拶も大事にしています。
挨拶をすることでお客様から声を掛けられたりします。
元気に挨拶することがコミュニケーションの第一歩だと思います。

バス運転手になって嬉しかったことは?

行ったことのない場所へ行き、無事に業務を終えて戻ってこられたとき達成感があります。
そして、お客様から安全運転で無事に帰ってこられて「ありがとう」と言われたときは嬉しかったです。
あと、クレヨンしんちゃん号で観光地に行ったとき子供たちが喜ぶ顔を見たときも嬉しくなります。
子供たちの期待を裏切らないためにもより安全運転を心がけないといけないと思います。

一覧ページへ