スタッフインタビュー詳細

お客様と直接触れあって進める家づくり。

三俣忠史
入社:2008年
雇用形態:正社員
所属:デザインセンター
お客様と直接触れあって進める家づくり。

デザインセンターに所属し、家づくりをしたいお客様のイメージを形にして、図面を描いていくのが主な業務です。
来場型営業スタイルでアポイントを取っていただいたお客様にご来場いただき、直接お話しながら仕事を進められるので、自分のペースで働くことができています。
ある程度自由に仕事ができることも魅力で、きっちりと考えて予定を組めば時間に束縛されることもありませんし、周りに気兼ねなく、自分らしさを発揮して働くことができる職場です。
固定観念にとらわれることなく、自由な発想で、その人が持っている個性を発揮してチャレンジできる職場だと感じています。

デザインを担当する社員として、会社の特徴は何だと考えますか?

一般的な会社では、営業担当の情報で図面を描くなど家のデザインを進めることが多いと思いますが、当社の場合はお客様と直接やり取りができるのが特徴的です。
実際にお客様と話をして、ご意向を感じ取る方がやりやすいですし、会話の中でいろんなヒントをいただき、見えないものが見えてくることがありますので、非常にやりがいを感じられます。
お客様によっては世間話ばかりだったり、生活風景を語ったりされるだけの方がいる反面、建築に関する数字など細かい部分にこだわる方もいます。
人それぞれの家づくりに対する考えを伺うのは、仕事上の楽しみでもあります。
中には何度図面を描いても簡単には納得していただけない方もいますが、自分の伝え方が悪いのか、イメージをくみ取れていないのか、日々人間関係の勉強にもなります。

社内の人間関係はどうですか?

役員や社員も含めて、業界の中では比較的若い人が多いので、過度に気を遣わないで言いたいことが言える会社だと感じています。
日頃のコミュニケーションも密で、仕事後のコミュニケーションも好きな人が多くて、アットホームな雰囲気が感じられます。

一覧ページへ