会社紹介

「100年健康住宅」でお客様も社員も幸せに

株式会社 せらら工房
代表取締役社長
佐藤 宏亮

「100年健康住宅」の原点は、創業者・松本祐の「倒れた母のために自分で安心できる家をつくりたい」という想いでした。
そして30年以上も前から「これからは人生100年の時代が来るのだから、100年健康を保つ家をつくらなければならない」と考えたのです。
「100年健康住宅」をつくるためには、従来の下請けや外部業者に委託する業界のやり方ではなく、想いを十分に伝えてお客様と接し、現場でもその意識を共有する必要がありました。
そのため近代ホームでは、20年以上前から自社で大工を育てて職人を教育することを始め、毎月のように会合を開き、「とにかくいい家づくりをしよう」という取り組みを進めてきました。

その結果、多くのお客様のご愛顧をいただいたほか、優れた住宅づくりが認められ、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を9年連続で受賞するという結果にもつながりました。

また弊社は、創業者の「家族が一番、次が社員、そしてお客様」という考え方を大切にしています。
社員を大事にしないとお客様を大事にできないということから、待遇面はもちろん、柔軟な勤務体系や、訪問営業を行わないというスタイル、ストレスのないオフィスづくりにも力を入れています。
「近代ホームグループ」の仕事に興味を持たれましたら、ぜひ一度港南台の本社を訪れてみてください。
住宅と同じで、実際に体験していただかないことには、職場の良し悪しや自分に合うかどうかは分かりません。
みなさまにお会いできることを楽しみにしております。